ツアー

ゴルフ5レディス

今週の女子ツアーはゴルフ5レディスです。

コースはGOLF5カントリーみずなみコース。

私が前回来たのは15年以上も前。覚えていたホールは18番ホールのみ❗️

あとは練習場の風景。暑かった思い出しかありません (^-^;

では、今週も中継で多く映りそうなホールを見ていきましょう。

No.1 391ヤード PAR4

左ドッグレッグのPAR4。

距離もさほど長くはなく、フェアウェイも広いので特に気をつけるところは無さそうです。狙い所は正面に見えるバンカー。

ティーショットで左バンカーを越えれば2打目は短いクラブでピンを狙えます。グリーンの傾斜も右から左へとしていますから左サイドからは狙いやすい、良い場所ですね。

ただスタートホールから大きなトラブルは避けたいですし、ティーショットで右へ打っていってもそこまで長い距離は残りませんから、無理にショートカットせず、安全に行く選手がほとんどではないでしょうか⁉︎

選手にしたらティーショット、セカンドショット、パターなど今日の感覚を掴みやすいホールではないのかなと思います。上手くその日の感覚を感じ取って早く流れを作りたいですね!

No.16 508(488)ヤード PAR5

ほぼストレートのPAR5です。ホール全体が右から左へ傾斜をしているので、ティーショットの狙い所はフェアウェイの右サイド。

飛距離の出る選手がグリーンエッジまで残り200ヤードあたりに行っているのであれば2オンは狙えますが、フェアウェイが途中で切れているので、それ以外の選手は2打目を刻むことになりそうです。

刻むのも前述のようにコースの傾斜が右から左へとなっており、またグリーンへ近づくほど狭くなってきますから、残りエッジまで100ヤード付近から下っている傾斜を使って残り70〜80ヤードあたりに打ってくることが多くなりそうです。

距離的には長くないPAR5ですが、飛距離が出る選手ではないと2オンは厳しそう。

ただティーが前方へ出たとき、2オン狙いをするのかしないのか⁉︎ このあたりのジャッジが勝負の分かれ目になりそうですよ❗️

No.18 371ヤード PAR4

ティーショットではかなり打ち下ろしのPAR4。

後半のPAR4では距離が1番短いPAR4ですが、ティーショットの落下地点は狭いです。なので中には刻む選手もいるかもしれません。左バンカーに入ってしまってもアゴは高くありませんので、余程のことがない限りグリーンは狙えます。

2打目はやや打ち上げます。注意するところとすればエッジから15ヤードほどの右側に大きな木があります。右奥のピンのときにピンまで届かせようとしたときに枝が気になるかもしれません。そのあたりだけでしょうか。

一昨年のデータではフェアウェイキープ率も1番悪く50%以下、難易度も6番目と距離が無いのにもかかわらず難しいホールとなってました。

ってことはこのホールのポイントはティーショット。優勝争いではドキドキするのは間違いないでしょう❗️

最後まで気が抜けませんね。

コース全体の印象としてはアウトコースはラフが長めに感じ、インコースはアウトコースほど長くはないが、ライが若干悪いところが多い感じがしました。

今週はやっと男子ツアーも国内で始まりました。いつもならこの時期はシーズン終盤に突入という感じなのですが、今年はこれから頑張るぞ💪という感じです。

各試合コロナ対策として過剰な対策ではないか、面倒だなとつい思ってしまうことがあります。しかし今はやっと男女両ツアーが同一週に試合が出来るということを改めて感謝しないといけません。

選手、キャディーの感謝の気持ちが画面を通してもしっかり届くのか、しっかり観ていてくださいね!

ABOUT ME
関根 淳
関根 淳
1975年5月24日生まれ。日本大学卒業。通算2勝。 空気のような存在で居たい。終わってみれば『そう言えばいたなぁ〜』と言われるぐらいの存在で居たい。 しかしクールの中にも煮えたぎる熱き思いが、スポともGC通信で爆発するかも、、、 2010年からは丸山茂樹プロ専属キャディーを務め、2015年からは山下和宏プロ専属キャディーとしてツアー参戦する。 2019年は片山晋呉プロ、堀川未来夢プロ、脇元華プロのキャディーを務める