ツアー

ゴルフパートナー エキシビジョントーナメントが終わって

やっと国内男子トーナメントも始まりました❗️

とは言ってもエキシビジョン。ツアーとしての本格的な始動はまだですが、選手にとってみれば試合は試合。

今回はコロナ対策もあり、選手1人でのプレー、つまり”セルフプレー”で、我々キャディーは参加出来ませんでした。

でもとりあえず試合が出来て良かったですね👍

距離計測器も使用することが出来、いつもと違いましたが色々なあり方についても見れたということも良かったのではないでしょうか⁉︎

開催していただいたゴルフパートナーには感謝しかありません🙇‍♂️

さて今回もインターネット中継を観て、思ったことを少し書いてみたいと思います。

こちらも先日の女子ツアーのアースモンダミンカップと同様にインターネット中継されました。

ただ、こちらは1チャンネルのみ。

アースモンダミンのときのように他の状況はどうなのだろうと思っても観られなかったり、ある特定の人だけが多く映っていたり、また今回の主催者がゴルフパートナーであったのでメーカーのスタッフが実況席に呼ばれ、クラブについて解説されていたりと、そのとき興味が無いことが放送されていたときは退屈で途中で観るのを辞めてしまった方もいたのではないでしょうか⁉️

とりあえず1番ホールのティーを映しているのなら全員映して、トップの選手やホールインワンや試合が動いたら画面を切り換えたほうが良いのになと思いながら中継を観ていました。

私は最新のクラブ事情が知れて良かったのですが、クラブ解説でプレーそっちのけで話されていたこともあったので、今回のような中継が1チャンネルだけのときは避けたほうが良かったのではと思います。

ただ、先日の女子ツアーのアースモンダミンのように数チャンネルあるときにはクラブ解説だけのチャンネルはアリだな思いました!

男性はクラブなど道具好きですから、そのチャネルだけを観ていてもかなり面白いと思ってもらえるのではないでしょうか⁉︎

簡単ではありますが、中継を観ていて思ったことを書かせてもらいました。

石川遼プロもスタートホールで手袋を持っていないことを気づき、やはり少しは緊張していたのかなと。もしくはキャディーがいなかったからなのか⁉︎

エキシビジョンとは言えども試合ということなのですね!

今回の試合で改めて選手たちはキャディーがいないことで色んな気づき、試合出なければ気づかないことなど色々と収穫があったのではないでしょうか⁉︎

早く男子ツアーも我々キャディーがいる試合が始まって欲しいですね❗️

ABOUT ME
関根 淳
関根 淳
1975年5月24日生まれ。日本大学卒業。通算2勝。 空気のような存在で居たい。終わってみれば『そう言えばいたなぁ〜』と言われるぐらいの存在で居たい。 しかしクールの中にも煮えたぎる熱き思いが、スポともGC通信で爆発するかも、、、 2010年からは丸山茂樹プロ専属キャディーを務め、2015年からは山下和宏プロ専属キャディーとしてツアー参戦する。 2019年は片山晋呉プロ、堀川未来夢プロ、脇元華プロのキャディーを務める