ツアー

「千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって練となす。」

奥田靖己プロが日本オープン🇯🇵優勝された時の開催コース

滋賀県の琵琶湖CC

レストラン横のプレーヤー集うコーナーに、ある言葉が記され書かれた額をプレーさせて頂いた時に拝見しました。

そこには奥田靖己プロ直筆で

「千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって練となす。」

とありました。

この言葉は剣豪 宮本武蔵の言葉だそうです。

何故、この言葉を選び、そこで何を考えられたのか?

奥田靖己プロにお聞きして見ました。

ご覧ください

この言葉は

「鍛錬(たんれん)」

の由来ともなった言葉なんですが、巌流島の戦いでも有名な剣豪 宮本武蔵は剣の道と共に生きる意味。も常に真剣に考えてきました。

亡くなる直前まで、色々な経験からの思いを書き記した

「五輪書(ごりんのしょ)」

は、以後沢山の武人達にも読まれ影響を与えました。


osakasyoun

ハーバード大学のビジネススクールでも取り上げられたり、あのブルースリーの愛読書でもありました。

そして、かのジャンボ尾崎プロも・・・

続き、ご覧ください

人物を尊びて、神仏を頼らず

一理に達すれば万法に通ず

いずれの道にも別れを悲しまず

構えあって構いなし

武士は己を知る者の為に死す

色々な深く考えさせられる言葉ありますが、こんな事も言っています。

多数の人間と戦う時は待っていてはいけない。

敵が四方からきても、逆に追い回す気持ちで向かっていくべきである、待っていてはいけない。

こちらから威勢よく切り込み敵の集団追い、切り崩していかなければならない。

初めの少しのゆがみが後には大きくゆがむ・・

人の真似せず、その身に応じて武器は自分の使いやすいものにしないといけない。

とも

何か、ゴルフにもメチャクチャ通ずるものありませんか?

続き、ご覧ください🙇‍♂️

深イイ話ですね

奥田語録は😄

明日もご覧下さい🎶


シニアペット


ニチコン


丸安産業


ジャパンクリエイト


osakasyoun

ABOUT ME
小岸 秀行
小岸 秀行
1973年11月8日生まれ。立命館大学経営学部中退。 1995年福澤義光プロのキャディーをきっかけに、ツアーキャディの道へ。過去に岡本綾子プロ、細川和彦プロなど、2008年から5年間矢野東プロと専属契約。2013年からは川村昌弘プロと専属契約し「パナソニックオープン」優勝。 2019年度は女子ツアーメインで参戦する。 通算6勝