ギア

ボールによるスピン量の違い

こんにちはサムライです。

今週はボールによるスピン量の違いのお話し。

最新のヘッドやシャフトに興味を持ち

飛距離を追求するゴルファーが多い中、

ボールは軽視されがち、、、、。

実際に飛んでいくのはボールであるにも関わらず

なぜ拘らないのでしょうか?

これはメーカー側も良くないのでしょうね。

新製品が発表されると前作より10ヤードアップだとかなんとか

クラブばかりに目を向けさせる宣伝ばかり。

ボールを製造していないメーカーもあるので仕方のない事なのでしょうが

スイング・クラブ・ボールの相性が合わなければ

最大のパフォーマンスは発揮できません。

今週はスピン量という視点で代表的な3タイプを比較

ヒューマンテストなので誤差はありますが

下記の条件で比較してみます。

●同一のクラブで計測

●できる限り近いヘッドスピードで計測(40m/s)

●できる限り近いクラブ軌道で計測

●5球の平均値で比較

まずはスピン系の代表モデル

「タイトリストV1」

スピン量:2628rpm

続いてスピン系でもバランスの取れた

「スリクソンZ-STAR-XV」

スピン量:2455rpm

最後にゴルフ場でよく見かけるディスタンス系代表

「飛び衛門」

スピン量:2368rpm

今回の比較はメーカーの謳い文句通りの結果になりましたね。

インサイドアッパーの軌道で試打したので

打出角は3タイプともに高いですが、この軌道で打った場合は

ディスタンス系の「飛び衛門」がキャリーが出しやすく

飛距離に繋がる結果になりましたね。

逆の軌道で打った場合は必ずしも上記と同じ結果にはなりません。

スイング、クラブ、ボールとの相性は必ずありますので

ボールもフィッティングして選んでくださいね。

では、来週はボールによる打出角の違い(ウェッジ編)

 

埼玉県朝霞市幸町2-5-23

TEL048-423-7750 FAX048-423-7751

ゴルファーズ・ガレージ・サムライ

WEB:http://samurai-golf.net

問合せ:info@samurai-golf.net


samurai

ABOUT ME
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
■氏名 枝松 和健(えだまつ かずたけ) ■経歴 スポーツ専門学校にてゴルフ技術及び理論を学び、栃木県内ゴルフ場にて研修生を経て大手ゴルフスクールのヘッドレッスンプロとなる。 レッスン活動と並行し、レッスン生各々のスイング・体力・体型に合わせた、ゴルフクラブの調整・製造に携わり、2000本以上のクラブを手掛ける。 その後ゴルフショップ店長及びクラフトマンを務め、プロゴルファーやトップアマ、アベレージゴルファーのクラブ組立・調整を行い、ゴルファーズ・ガレージ・サムライ設立に至る。 パーツブランドを中心に年間100機種以上を試打し、パーツ特性を深く理解すると共に、レッスンプロとして多くのアマチュアを見続け、スイングも深く理解する数少ないゴルファーの一人。 丁寧なカウンセリングを基に的確なフィッティングで、クラブによるスイング向上にも努め、ゴルファー各々に合ったクラブを「細やかに」「美しく」組み付ける仕事には業界内にも定評があり、レッスンプロ向け「クラブ理論」の講義も行っている。 不定期ですがYOUTUBEにて地クラブの試打動画も公開中。 https://www.youtube.com/user/GolfersGarageSAMURAI