グルメ

鮨裕(すしゆたか)茅ヶ崎市

日本には北は北海道

南は沖縄まで素晴らしい自然、豊潤なる海があります。

その地域海域だけの食物、魚の数々こそが日本の食の魅力、そしてそれを活かした「鮨」と出会いたい

鮨吉の思いでやんす。

さて、神奈川県茅ヶ崎市の住宅街にある

鮨裕(すしゆたか)

少し車を走らせば目の前に広がる湘南の海、相模湾

そこで揚がる地モノに拘る、裕さんに先日行って参りました。

まずは、ビールで乾杯

1日の疲れを癒し、今からのツマミ、ニギリに心躍らせながらグビッと🍻

蒸し牡蠣

牡蠣の出汁と身の火の通り具合完璧

そして

銚子のマグロ

横浜八景島の鯛

横浜子安のサヨリ

サヨリ、もっと評価されて良い魚ですよね

釣りをするので分かるのですが、釣って楽しく、捌き調理しやすく美味い

皮は串に巻き付け焼きに、良いツマミになりますし

骨は揚げて骨煎餅に

透き通る白身は刺身、昆布〆、バター焼きにしても美味い、捨てる所少なく美味い魚です✨

良いマグロの赤身

美味いマグロの赤身はぶ厚く切って欲しい、そして食したい

あの良いマグロだけにある鉄分、酸味を口一杯感じながら・・・

ここで白ワイン🍾

相模湾アンコウのあん肝

堀達己(たつき)さん、若き親方手製のあん肝

塩と酒だけで丁寧に作られ、全く臭みなく、舌の上のあん肝を上顎で軽く圧かけるとスフレの様な食感とフワッとジュワっと旨味拡がる絶品のあん肝

他にも相模湾の鰆の幽庵焼きなども美味でした

ニギリに参ります

備前ならではの色目と存在感

まずは

相模湾のスミイカ

伊豆大島自然塩で

富山の白海老

山形の特約農家で生産されたササニシキを一年間籾のまま、温度管理した状態で寝かし精米します。

水も神奈川県丹沢水系で炊きあげられ口中でホロホロと崩れ、タネを包み込む、、そして噛み締めるほどに米の旨味感じられる、鮨裕のシャリ

横浜子安のヒラメ

山口の赤貝

横浜小柴のアジ
当日1番に舌と脳が感じたニギリでしたね

 

熊本の鮨なかむらで昨年食した天草のアジ、岡山の魚正のアジに匹敵するものでした✨

佐渡島のブリ

マグロ漬け

マグロ中トロ

小田原の金目鯛

相模湾のコハダ

若干長めの酢〆

親方から受け継いだ技術、その店のカラーが出る一品

千葉沖の車海老おぼろづけ

九十九里の煮ハマ

山の芋の汁

胃袋に染み渡り滋味溢れる味

横浜小柴のアナゴ

笹で挟み、火を当て香り付けたもの

鮨裕(すしゆたか)

神奈川県茅ヶ崎市中海岸1-2-33

0467-39-5325(要予約)

JR茅ヶ崎駅から南口降りて徒歩約7〜8分

かのスリーハンドレッドクラブ、湘南CCにも近い、住宅街中にある鮨裕

湘南の土地を海を愛し、相模湾で漁れる素晴らしい魚達の魅力を昇華させ、絶妙なまでのシャリと併せて創られたのがココの鮨

若き親方 堀達己さんの人柄も温かく素晴らしい

横浜、都内から時間かけても行きたい店

今宵も楽しゅうございました✨

生ビール2杯

白ワインボトル1本

写真以外のツマミあり

20000円

194店目

 


ecc

 

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・