ツアー

ダイキンオーキッドレディス

今年も国内女子ツアーが始まります。約3ヶ月あったオフはトレーニングや合宿、もしくは海外の試合へ出場したりと充実して過ごした選手も多いことでしょう。その成果を発揮出来るシーズンがやってきました。

今年も沖縄の琉球ゴルフ倶楽部から始まります。またどんなドラマを見せてくれるのでしょうか?

そんな舞台を今年も毎試合数ホールずつ見ていきます。今週は少し改造があったホールを見てみましょう。

No.9 379ヤード PAR4

グリーンが改造され左側が少し大きくなり傾斜が変わりました。左手前は少し傾斜があり、左奥は奥へ逃げています。改造された左半分と昨年までと変わらない右半分とではまだ芝の状態の若干の違いがあります。なので注意しないといけないことが出てきます。練習ラウンドでは左側は右側よりも少し止まりづらく感じましたのでセカンドショットで気をつけたいですね。

また奥のバンカーも少し変わり、バンカーにギリギリ入ったボールに関しては少し改造されたアゴが気になるかもしれません。

風にもよりますが毎年難易度が高い結果となっているこの9番ホール。この変更でさらにスコアが出ないホールになりそうですよ。

No.18 492ヤード PAR5

2オンも狙えるPAR5。アゲンストの風のときは狙える選手も少ないでしょうが、フォローのときは多くの選手がグリーンを狙ってくるでしょう。その際、今年は改造されたところが効いてくる可能性があります。

昨年までならグリーン左手前のバンカーに入ってもそこそこ寄るように思っていましたが、今年はアゴが高くなったというか、垂直に切られたともいうのでしょうが、そこにくっついてしまうことが少しはありそうです。このことによってこのホールは昨年までより順位変動がであるのではないでしょうか?

今年は少し差があってもどうなるか分からなそうですよ!

今年のコースコンディションは芝が長い印象。特にラフに入ると難しいティフトン芝に苦しめられそうです。

ただそれよりも今年はもっと苦しめられそうな敵が…

週間予報が良くない。水曜日に行われる予定だったプロアマが天候不良で中止に。週末も予報が良くなく、耐えるゴルフを強いられそうです。オフにやってきた成果は技術的なことよりも天候などの悪条件の中、耐えることが出来るかというメンタルなのかもしれませんよ!

 

ABOUT ME
関根 淳
関根 淳
1975年5月24日生まれ。日本大学卒業。通算2勝。 空気のような存在で居たい。終わってみれば『そう言えばいたなぁ〜』と言われるぐらいの存在で居たい。 しかしクールの中にも煮えたぎる熱き思いが、スポともGC通信で爆発するかも、、、 2010年からは丸山茂樹プロ専属キャディーを務め、2015年からは山下和宏プロ専属キャディーとしてツアー参戦する。 2019年は片山晋呉プロ、堀川未来夢プロ、脇元華プロのキャディーを務める