ツアー

2019年シーズン終わりました。

キャディのシンです^_^

2019年シーズンも終わりました。

3ツアーズありますが、行きませんので宮崎CCでのリコーLPGAチャンピオンシップ、鈴木愛プロキャディで今季の全ての日程を終えました。

あっという間の一年でした。

そして僕の中で、勝負に対する位置づけとこだわり、執着心の大事さを改めて考えさせられた一年でもありました・・・

「段階」と言うものがあります

予選通過したことない選手に、いきなり優勝目指すゴルフを

QTであまり良くなく推薦で試合に出場する選手にいきなり優勝を

物事には、今と一歩前、私は三歩前まで考えキャディするようにしていますが、今を飛び越え余りにも高い所に目標数値を置き過ぎて、今・現実の自分と数値目標の間にある空間、差のギャップ

試合始まり、どんな選手でもミスするしボギー打つんです

しかし、その今・現実と目標数値の差異がある選手ほど

なんで、、

なぜ、、

どうして、、

とミスを悔みイライラして自滅していく傾向にあると思います。

千里の道も一歩から

しかし、改めて強く感じたのは

宮崎空港で、試合終わりだったのに早々に掲げられていた

賞金女王 鈴木愛選手

愛ちゃんと今年も優勝させて頂きました。

その度に思うのが、芯からの強さです。

先程の現実と理想のギャップ、多かれ少なかれ誰にでもどの様な職業でもあると思うんです。

しかし、そこでトラブルやピンチが来た時から諦めず、しぶとく粘り、倒れても倒れても立ち上がり前進する姿勢こそが強い選手の特徴であり、一流、超一流選手に共通する部分だと思います。

上手いと強いは別物です・・・

鈴木愛というプロゴルファーは絶対的に「強い」選手です。

その源泉は

自分がこうしたい、あーなりたい、じゃー今何をするべきか?

を考えコツコツと実行する継続力だと思います。

間近で見ていて確信します。

だからこそ、そのような高いレベルで日々自分とも戦っている選手なので、僕自身も弛まないスキルアップが必要。と自分自身でも考え、仕事を完璧に出来なかった自分と、よっしゃ!来年こそは!の強い気持ちで、今から来年のシーズンインが楽しみな自分がいます。

今年もお世話になった選手皆さま、僕をスポンサードして頂けた会社の皆様、ツアー関係者皆様、スポともご覧の皆様、そしてシーズン中は中々家に居れないので家庭を守ってくれている妻に、この場を借りて感謝したいと思います🙇‍♂️

いつも、ありがとうございます!

そして、、最後になりましたが、僕がキャディとして永遠の目標、憧れであるジャンボ尾崎プロエースキャディされていた佐野木さん

今年もエリエール試合時に松山でご一緒させて頂きましたが、ピンチになった時や、悩んでいる時

「佐野木さんだったら、どうするだろうか?どう言うだろうか?」

を良く考えます。

緻密さと優しさ、絶対的な明るさを持つ佐野木大先輩にも感謝しかありません。

しかし、そんな佐野木さんに一つだけ、お願いあります。

エリッペ、エリッペと原江里菜プロを大好きで可愛がっている佐野木さんですが、会食した時に原江里菜プロがシークレットサプライズで参加してくれました。

今まで見せたことない笑顔で

「エリッペ〜‼︎」

と僕などがいたのを忘れて分かりやすい行動取るのはヤメて頂きたいです(笑)

冗談さておき、しばしのシーズンオフ

挨拶回りとシーズン中は中々会えなかった人との会食、そして家族孝行をさせて頂きます。

皆さま、今年もありがとうございました!

森本真祐

 

ABOUT ME
森本 真祐
森本 真祐
1973年10月11日生まれ。札幌学院大学ゴルフ部出身。 父はシニアツアーで活躍し、関西プロゴルフゴールドシニア選手権優勝なども果たしているプロゴルファーの森本俊治氏。 森本キャディー自身、桑原克典プロキャディーとして1996年よりツアー参戦。その後、谷口徹プロキャディーとして賞金王キャディーに。 Mastersにも2度参戦し、その後近藤共弘プロ、佐伯三貴プロキャディーを務める。 アン・ソンジュ選手とのコンビでは15勝をあげ、賞金女王キャディーにもなる。2015年からは上田桃子プロ、成田美寿々プロキャディーとして女子ツアー参戦。コンビ組み早々のスタジオアリス女子オープンで成田プロと優勝し、通算25勝目をあげた。 2017年度は上田桃子プロ専属キャディとして参戦!!2017年中京テレビ・ブリヂストンレディスでは上田桃子プロと通算26勝目をあげる。 2018年は鈴木愛プロ、成田美寿々プロ、畑岡奈紗プロで年間4勝をあげた。 通算31勝