グルメ

鮨処 金城(きんじょう)

朝晩はめっきり秋を感じさせてくれるようになりました。

朝起きて窓を開け耳を澄ませば茂みより虫の鳴き声

冷んやりした外気にあたり、そこからの二度寝の気持ち良いこと、、、笑

そんな10月某日、大阪の繁華街 北新地にある鮨屋

鮨処 金城(きんじょう)

に、お世話になっている方と行って参りました。

以前から鮨好きの間では、関西人愛する白身を主役に据えながらも積極的に良い海の良い魚貝類仕入れ、丁寧な心こもった仕事をする

で評判の店でした。

先ずはビールで🍻

和歌山の鯛

腹身部分は山葵と塩で

明石のタコ

山葵と梅肉をコネコネし柔らかくも弾力歯応えあるタコに絡めて

美味也

ホッキ貝炙り

松茸と栗 白あえ

秋を感じさせる逸品

見事なる調和✨

ここで、日本酒 辛口 冷や

緩急つける意味合いか?

コハダニギリ

イクラ盛り

岐阜の蘭奢待(らんじゃたい)に🍶

蘭奢待、、、かの正倉院にある香木、千年以上も名木として大事に管理保管されるも、足利義満、足利義政、足利義教の三将軍、織田信長など天下人が天下を手中に収めた権威的意味合いからも部下を前に少し切り取ってみせた、香木の名前、正式名は黄熟香といい蘭奢待の三文字中に東大寺が隠れている雅名なんです。

タラ白子 アン肝奈良漬けと 銀杏

湖に浮かべる船が描かれた絵皿を借景に舟に見立てたタラの白子、アン肝奈良漬けと

も水面に浮かぶ舟の様に盛りつけされた洒落の利いた逸品✨

蒸し鮑 肝ソースと

ニギリに参ります

ケンサキイカ スダチと塩で

サヨリ

イワシのおこわ

マグロ

カワハギ肝をのせて

アジ

マグロ腹身

マグロ赤身漬けにトロ叩きのせて

生トリ貝

瀬戸内海天然シラサエビ

甘さ抜群の逸品てしたが

エビのニギリを最初の方にお出しすると、何故かしらお腹膨れてしまうので最後の方にお出ししました、と(笑)

蒸しアナゴ

トロタク

〆は写真にありませんが、干瓢巻でした。

カウンター7席だけの店です。

しかし、親方のまるで我が子を慈しむように扱い、笑顔で丁寧な口調と説明のもと出されるツマミとニギリの数々

居心地良い空気感、そこに裏打ちされた技術とタイミング

鮨処 金城(きんじょう)

素晴らしい店とまた出逢えました✨

184店目

 


ecc

 

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・