ギア

ヘッド形状からみる弾道(シャロー編)

んにちはサムライです。

先週に続きドライバーのヘッド形状について

ヘッド内部の構造はとても重要ですが

今回は内部構造の話は無しにして

外見だけでの弾道のお話です。

外見は大きく分けてディープとシャローの2タイプ

今回はフェース側ではなくバック側の形状の違いをご説明

今週はシャローバックについて

シャローバックとは上の写真のように

飛球方向の反対側が低くなっている形状。

下の写真のようにフェースの真ん中で分割した場合

下の面積が比較的多く、下部に重量が配分されている。

この重量配分だとインパクトの衝撃によって

ヘッド後方が下がりやすくなるため

打ち出し角が大きくなりやすい。

インパクトを迎えるまでのヘッドの挙動としても

下部が重いためヘッド後方が落ちやすく、

アッパー(下から)にクラブを入れやすくなります。

メリット

①打ち出し角を高くする

②アッパーブロー軌道を作りやすい

③投影面積が大きくなるので安心感がある

③慣性が高くなりやすく直進性が高い

メリットの反対側はデメリットです。

全ての弱点をカバーしてくれるクラブはありませんので

シッカリとご自分で判断して下さいね。

内部構造も含めると、今回書いた内容は

当てはまらなくなる場合もありますので

参考程度に、、、。

では

 

埼玉県朝霞市幸町2-5-23

TEL048-423-7750 FAX048-423-7751

ゴルファーズ・ガレージ・サムライ

WEB:http://samurai-golf.net

問合せ:info@samurai-golf.net

 


samurai

 

ABOUT ME
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
■氏名 枝松 和健(えだまつ かずたけ) ■経歴 スポーツ専門学校にてゴルフ技術及び理論を学び、栃木県内ゴルフ場にて研修生を経て大手ゴルフスクールのヘッドレッスンプロとなる。 レッスン活動と並行し、レッスン生各々のスイング・体力・体型に合わせた、ゴルフクラブの調整・製造に携わり、2000本以上のクラブを手掛ける。 その後ゴルフショップ店長及びクラフトマンを務め、プロゴルファーやトップアマ、アベレージゴルファーのクラブ組立・調整を行い、ゴルファーズ・ガレージ・サムライ設立に至る。 パーツブランドを中心に年間100機種以上を試打し、パーツ特性を深く理解すると共に、レッスンプロとして多くのアマチュアを見続け、スイングも深く理解する数少ないゴルファーの一人。 丁寧なカウンセリングを基に的確なフィッティングで、クラブによるスイング向上にも努め、ゴルファー各々に合ったクラブを「細やかに」「美しく」組み付ける仕事には業界内にも定評があり、レッスンプロ向け「クラブ理論」の講義も行っている。 不定期ですがYOUTUBEにて地クラブの試打動画も公開中。 https://www.youtube.com/user/GolfersGarageSAMURAI