ツアー

小野祐夢プロと・・・

日本女子プロゴルフ選手権、面白かったですね!

開催コースの兵庫県チェリーヒルズGC、距離はないもののラフに入れた瞬間から、いかにパーセーブするか?

どの方法が一番パーセーブ出来るか?

になり、ティーショットがラフ、ラフ、ラフ、3ホール連続行けば、ボギー、ボギー、ボギーにもなるし、逆に3ホール連続フェアウェイに行けばバーディ、バーディ、バーディにもなる、すなわち信賞必罰が如実に反映されるコースでもありました。

日本では中々、点と点のゴルフ要求されるコース無いので素晴らしいことだと思いました。

さて🤚

小野祐夢プロ

現在賞金ランキング60位(選手権前まで)、実質ツアー2年目、選手権も予選通過されていました。

小野プロとは所属先ニチコン株式会社に私もスポンサード頂いているご縁から色々話をさせて頂いていますが、多分ご自身でも、まだまだやれる!全然イケる!

的な思いと、どうしたら突き抜けられるか?

の2つの思いが交錯されていると思います。

選手スタッツ、選手のプレーに対する統計数値ですね

私は

平均パット

パーセーブ率

パーオン率

この3ツを最初に見ます、一番成績に反映される数字だと思うので、、、

小野プロ

平均パット59位

パーセーブ率61位

パーオン率54位

おおよそ賞金ランキングに比例していますよね?

私は男子も女子も一つの武器があれば、コレが俺の、私の武器!

あればシード権獲得出来ると思います。

谷原秀人プロは

「日本でやっている限り、パットが入れば優勝出来るよ」

と以前言われましたが、グリーン周りとグリーン上だけで日本なら優勝出来る、海外のヨーロピアンツアーなどではショットのミスが即命取りになる、、からの言葉でしょうね

ヨーロピアンツアー賞金シード獲得既に決めている川村昌弘プロも、海外ツアーでのショットの重要性と勇気、語っておられました。

話戻ります🤚

何が武器か?

小野プロは、私の考えでは

ショット力

ショット力武器にして、ピン狙うゴルフ完遂していけば、良いと思うんですよ

 


pxg

 

ピンサイド外しても、よっぽどでない限り寄らないピン位置ありませんから(笑)

以前清水キャディも書いていましたが、あのアプローチ、パーセーブの鬼 平塚哲二プロもツアーで出した頃は、アプローチもそんなに上手くなかったと、、、

しかしアジアンツアーや色々な芝と試合を経験することにより、ピン狙う攻めの重要性、外してもパーセーブしなければ稼げない、、、

から上手くなった。と

ここに集約されると思います。

夜明け前が一番暗いといいます

しかし、笑顔忘れずに上を向いていれば必ず夜明けがきます

秋の陣はこれからです!

ガンガン参りましょう😄

私は今週は埼玉県日高CCでの日本シニアオープン、寺西明プロとのタッグです。

今週も宜しくお願い致します!

 


シニアペット


銀座デンタルホワイト


ニチコン


丸安産業


ジャパンクリエイト


pxg

 

ABOUT ME
小岸 秀行
小岸 秀行
1973年11月8日生まれ。立命館大学経営学部中退。 1995年福澤義光プロのキャディーをきっかけに、ツアーキャディの道へ。過去に岡本綾子プロ、細川和彦プロなど、2008年から5年間矢野東プロと専属契約。2013年からは川村昌弘プロと専属契約し「パナソニックオープン」優勝。 2019年度は女子ツアーメインで参戦する。 通算6勝