ギア

ボール選び②

こんにちはサムライです。

先週はスピン系ボールとディスタンス系ボールの

特徴を書かせて頂きましたが、

今週はボールの重さについてです。

ゴルフボールの重量はルールで45.93g以下と決まりがあります。

市販されているゴルフボールの殆どが上限に近い重量帯です。

ゴルフクラブの重量は体力やスイングに合わせて

重量を考えるゴルファーは沢山いますが

ボールの重量を考えるゴルファーはいないのが現状。

しかし非力なジュニアゴルファーやレディースゴルファー

体力の衰え始めたシニアゴルファーからアスリートゴルファーなど

様々な体力の方が同じ重量のボールを使うのはおかしなことです。

特にレディース、シニアゴルファーが使用するゴルフクラブのヘッドは

軽量ヘッドが多く、ミスヒットした時にヘッドがブレて飛距離ロスします。

こんな時にボールが軽いことでブレも少なくなりますし

ナイスショット時でもインパクト後の減速が少なくなるので

エネルギーが伝わりやすくなります。

軽いことで浮力も生まれ弾道も高くなりやすくキャリーが増えたり

アイアンでもグリーンに止まるボールが打ちやすくなります。

インパクトの衝撃も少なく身体にもやさしい打感ですので

体力と相談しながらボールの重量を考えてください。

購入されたジュニアゴルファーやレディースゴルファーなど

飛距離UPを実感して頂いている方が非常に多く

体力にあった重量を使うことは絶対に必要なことです。

ただし、スイングスピードの速いゴルファーなどが軽いボールを使うと

スピン量が増えすぎたり、弾道が高くなりすぎて飛ばなくなりますので

誰しもが軽くしろという事ではありませんのでご注意を。

軽量ボールの代表的なモデル

ムジークコルテオライト39(39g)

少し軽いモデル

ムジークコルテオライト42(42g)

埼玉県朝霞市幸町2-5-23

TEL048-423-7750 FAX048-423-7751

ゴルファーズ・ガレージ・サムライ

WEB:http://samurai-golf.net

問合せ:info@samurai-golf.net

 


samurai

 

ABOUT ME
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
ゴルファーズ・ガレージ・サムライ
■氏名 枝松 和健(えだまつ かずたけ) ■経歴 スポーツ専門学校にてゴルフ技術及び理論を学び、栃木県内ゴルフ場にて研修生を経て大手ゴルフスクールのヘッドレッスンプロとなる。 レッスン活動と並行し、レッスン生各々のスイング・体力・体型に合わせた、ゴルフクラブの調整・製造に携わり、2000本以上のクラブを手掛ける。 その後ゴルフショップ店長及びクラフトマンを務め、プロゴルファーやトップアマ、アベレージゴルファーのクラブ組立・調整を行い、ゴルファーズ・ガレージ・サムライ設立に至る。 パーツブランドを中心に年間100機種以上を試打し、パーツ特性を深く理解すると共に、レッスンプロとして多くのアマチュアを見続け、スイングも深く理解する数少ないゴルファーの一人。 丁寧なカウンセリングを基に的確なフィッティングで、クラブによるスイング向上にも努め、ゴルファー各々に合ったクラブを「細やかに」「美しく」組み付ける仕事には業界内にも定評があり、レッスンプロ向け「クラブ理論」の講義も行っている。 不定期ですがYOUTUBEにて地クラブの試打動画も公開中。 https://www.youtube.com/user/GolfersGarageSAMURAI