ツアー

ロイヤルリザム&セントアンズGCの全英シニアオープン🇬🇧インコース解析

日本の皆様、おはようございます!

私は今週、イギリスのロイヤルリザム&セントアンズGCに寺西明プロキャディでの全英シニアオープン🇬🇧で来ています。

日本人選手は他に鈴木亨プロと、月曜現地の予選会通過した奥田靖己プロの3人になります。

昨日は開催コースのロイヤルリザム、アウトコースを開設させて頂いたので、本日はインコースを解説させて頂きます😄

まず、インコースはアウトに比べ、微妙なウネリと視覚的に上手くバンカー配置されていて、非常にティーショットが難しい💦

分かりにくい

です。

先ずはNo.10 385ヤード par 4

練習ラウンドは風が左からアゲインストと横風

土曜、日曜は天気荒れそうなんで、北風入ると右からのアゲインストに、、

フェアウェイ右と左のバンカーに入らないクラブで、ターゲット決めて!

が大事なホール

次は、No.11 540ヤード par 5

比較的真っ直ぐのpar 5

フェアウェイ右サイドにある、2つのバンカーはサンドで出すのが精一杯💦

入れた瞬間、いかにparをセーブするか?に、、

ラフも8か9あいあまでしか打てません。

次はNo.12 196ヤード par3

グリーン手前バンカーと、グリーンエッジ間は8ヤード、ほぼワンクラブ開いてるにもかかわらず、そう見えない!

上手く作ってます😄

次は、No.13 357ヤード par 4

このNo.13も、説明しにくい!(笑)

距離が短い分、逆に距離の欲望に負けないマネージメント力が大事かな?と

次は、No.14 443ヤード par 4

ティーショットは、フェアウェイ右サイドにあるバンカーには絶対入れたくないですね💦

風向きにもよりますが、正面白のテントに向かって、、、

次はNo.15 464ヤード par 4

練習ラウンドはアゲインストだったのですが、ティーショットが非常に難しい!

フェアウェイ周りの 5ヶ所のバンカーは絶対ダメなんですが、255ヤード以上行くと、フェアウェイが左から右前方に急傾斜あるために、289ヤードで入るバンカーに全て入ります。

定石は風向き関係なく、距離残ってもフェアウェイ左サイドの258ヤードまで!

フェアウェイ左サイドのラフはベアグランドで大丈夫なんで、、、

 


pxg

 

次はNo.16 343ヤード par 4

ワンオンはしませんが、ドライバーでガツンと行きたいですね!

グリーン右手前にある、288ヤードで入るバンカー気になりますが、ある程度フェアウェイ広さあるので、行きたいですね

続きましてNo.17 432ヤード par 4

ドライバーで右サイドにガツンと行きたいですが、右サイドのラフは厳しく、見つからないかも、、、

エッジ148ヤード地点、250ヤードまでのクラブでティーショット!です。

最終ホール

No.18 410ヤード par 4

グリーン奥のクラブハウスが非常に印象的なホールですが、ティーショットは2つ考えられます。

ドライバーで右サイド250ヤードバンカー上を行く

もう1パターンはユーティリティかで、フェアウェイ1番左手前の201ヤード越えて251ヤードまでを打つか?

そしてグリーン奥は?

7ヤードでクラブハウスの壁が迫ります(笑)

以上、ロイヤルリザム&セントアンズGCを18ホール解説させて頂きましたが、ティーショット難しいのは特にインコース

非常に分かりにくい、、

惑わせる

風向き変われば別コースですね、しかしコレがオールドリンクススタイル

にほんでは

では、日本の皆さま、テレビ中継でご観戦頂き、応援のほどよろしくお願い致します😄

 


シニアペット


銀座デンタルホワイト


ニチコン


丸安産業


ジャパンクリエイト


pxg

 

ABOUT ME
小岸 秀行
小岸 秀行
1973年11月8日生まれ。立命館大学経営学部中退。 1995年福澤義光プロのキャディーをきっかけに、ツアーキャディの道へ。過去に岡本綾子プロ、細川和彦プロなど、2008年から5年間矢野東プロと専属契約。2013年からは川村昌弘プロと専属契約し「パナソニックオープン」優勝。 2019年度は女子ツアーメインで参戦する。 通算6勝