ツアー

ロイヤルリザム&セントアンズGCの全英シニアオープン🇬🇧 アウトコース解析

11回の全英オープン🇬🇧などメジャー大会の舞台となったロイヤルリザム&セントアンズGCはリバプールやマンチェスター左上にあります。

1886年設立だけあり、歴史あるクラブハウス

1926年の全英オープン🇬🇧では、かの球聖ボビー・ジョーンズが優勝しています。

クラブハウス玄関の石のステップの摩耗に歴史を感じます。

先ず、面白いのが出だしがpar 3

198ヤード par3

グリーン手前から奥に向かい伸びるグリーン、芽ですね。

奥を警戒し過ぎて、ピン位置が奥時にショートし過ぎてのパッティングには注意必要かな?

続きまして

No.2 455ヤード par 4

ティーショットが右からの16時方向からの風になる時、多いと思いますが、ティーショットは右のバンカー257ヤード越えて、左のバンカー321ヤードまでのクラブを選択

ティーショット重要視されるホールですね

No.3 477ヤード par 4

このホールも長いですが、風は右からのフォロー時は、左サイドの271ヤード、309ヤードのバンカーには要注意!

ボールがフェアウェイセンターに落ちても、風と固い地面の傾斜で左サイドラフまで行く、、、

このホールもティーショットが鍵ですね

あと、グリーン右手前にある、バンカー

赤い斜線で記してますが、

赤斜線は、どんな時でも絶対ダメなバンカー

青斜線は、ピンポジによる

黒斜線は、入れても難易度高くない、使えるバンカー

右手前の赤斜線は?

次は

No. 4 416ヤード par 4

比較的、わかりやすいホール

左奥から右手前の傾斜

次は

No 5 188ヤード par 3

風が右からのフォロー時は、左サイドに外すのを警戒

グリーン左サイドは刈込み深く要注意

そして、ピン位置が右手前、左手前時の右、左手前のバンカーは絶対ダメ!

次はNo.6 474ヤード par 4

風が右からの横アゲインストかな?

 


pxg

 

なんですが、左サイドはブッシュ厳しく、全くダメ!

ピン位置が手前だと、グリーン直接のキャリーは絶対奥に跳ねていくので、手前から、、、

も、グリーン手前にキャリーし過ぎると、左から右の固い傾斜があるので、右サイドバンカーに吸い込まれます。

まー、このバンカーは黒斜線の通り、まだ打ちやすい使えるバンカーですが、、

入り方により、どうやって打つの?

にもなりかねないので、やはり要注意ですね😄

次はNo.7 589ヤード par 5

比較的真っ直ぐのホール

も?

両サイドに待ち構えるバンカー!

腹を括ってティーショットを!

がテーマのホールですね(笑)

フェアウェイに行けば、2つで行きますが、右手前20ヤード地点の中途半端なバンカーとグリーン右のブッシュは絶対ダメ!

グリーン左サイドのバンカー、左に外しても何とかなります

No.8 417ヤード par 4

右サイドには、何の防壁もネットもなく

鉄道と住宅あります💦

右にスライスプッシュしたら、間違いなく住宅に飛び込む

アマチュアに恐怖心抱かせるホール

何気ない真っ直ぐなホールだからこそ、球筋イメージしてティーショットしたいですね

そして、このホールグリーンは11ヤードより手前にキャリーすると、下に落ちてヤバイことに、、

ピン位置が手前15ヤードぐらい時は要注意!

11ヤードは無いものとして考えます。

そしてNo.9 164ヤード par3

距離短く、美しいホールですが

グリーン奥、右奥にこぼしたら、松の木とブッシュ為に大変なことになります。

以上がロイヤルリザム&セントアンズGCアウトコースでした。

インコースはまた明日!

 


シニアペット


銀座デンタルホワイト


ニチコン


丸安産業


ジャパンクリエイト


pxg

 

ABOUT ME
小岸 秀行
小岸 秀行
1973年11月8日生まれ。立命館大学経営学部中退。 1995年福澤義光プロのキャディーをきっかけに、ツアーキャディの道へ。過去に岡本綾子プロ、細川和彦プロなど、2008年から5年間矢野東プロと専属契約。2013年からは川村昌弘プロと専属契約し「パナソニックオープン」優勝。 2019年度は女子ツアーメインで参戦する。 通算6勝