ツアー

李知姫節

キャディの原田です。

2019年は例年になく早い開幕戦を迎えました。

帯同させてもらうプロは例年通り「李知姫プロ」なのですが開幕戦でお呼びがかかるのは非常事態ですね。

それに伴い体力も急いで強化したつもりで、自分としては準備できたと思っていますがどんな年になるでしょうか。

いつもは私の都合を考えてくれて車で行ける範囲の試合のキャディをさせてもらうのですが今回は遠いということで、知姫プロたちの借りたレンタカーを一緒に使わせてもらったり、私が苦労しないように精一杯フォローしてくれています。

月曜日の今日は小滝水音プロと福山恵梨プロと一緒にアウトコースラウンドしてきました。

今日、プロの皆さんは16:30からミーティングなので知姫プロが

「練習終えたら車で先に帰っていてくださいね。私はミーティング終わってマネージャーさんと帰ります。」

って言ってくれました。

私は琉球ゴルフ倶楽部に来たのは2014年の知姫プロのキャディ以来のようでコースはうろ覚えもええとこです(広島弁)。

コースチェックしますから、ミーティング終わるの待ちますよ。と私が言うと知姫プロが笑って

「コースチェックなんていらないです!私がプロになって毎年毎年ラウンドしてるんですから。こんなにラウンドしててコース覚えてないならゴルフ辞めたほうがいいです!コースチェックするならプロアマの時にちょっとやっておいてください。」

「私の頭と私の体はコースを完璧に覚えています。あとはボールに教えるだけです。」

この言い方が知姫プロらしい。

この強い考え方にいつも助けてもらってます。

でも途中のホールでグリーン奥見て「こんなところにバンカーあったんだ。知らなかった。」って言ってました。

昔のメモにもちゃんとバンカー書いてありました。

コースチェック、いるかな?

(プロは関係ないバンカーや行ったことない場所は記憶にない場合も多々あります。笑)

 

ABOUT ME
原田 眞由美
原田 眞由美
1978年9月14日生まれ。 ゴルフのことは全く知らなかった社会人時代に転職して、ミズノオープン開催コースのJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部のキャディに。 そこで幼なじみの谷原秀人プロを再会し、ゴルフツアーの魅力にひきつけられツアーキャディの道へ。 第一線は退いたが、ゴールドジムに通い体力づくりに余念がない。