ツアー

全米シニアオープン初日

大会初日の今日は快晴で、午前中は過ごしやすい気温でしたが午後から30度越えの暑い日になりました。

午前中はノートルダム大学内を少し探索。

アメリカンフットボールの名門校で有名ですのでスタジアムを見学したかったのですが、中には入れず。

スタジアムのゴール延長線上には有名なタッチダウンジーザスという壁画があり、本物を目前に感激しました。

正午過ぎにコースに到着しました。初日の今日は経験浅いスコアラーの教官としての任務を仰せつかりました。

ボードを持ったキャサリンちゃんの横のカイトが生徒です。

教習所の教官になった気分で、一打一打ミスが無いように説明しながらも入力がタイムリーに行われるよう気をつけて進みました。

リーダーが8アンダーという記録的なスコアの中、自分の組の選手はグリーンに悩まされて苦戦。アマチュアのTodd Shaap選手は+5、Stephen Searプロは+2、Marion Dantzler プロは+4でした。

ペナルティ状況も多くあり、教官としての任務はきっちり果たせました。

今日のハイライトは、Searプロの10番ホール。パー4の第2打を見事に入れてイーグル!159ヤードを9番アイアンで入れました!これがSear選手です。

そしてアマチュアのSchaap選手は一時は+8までスコアを落としたものの終盤の3連続バーディで+5で終了。緊張していたのか、やたら僕に話しかけてきていました。ベスページブラックコースの話3-4ホール続きました。これがSchaap選手。

リーダーボードにはPGAツアー卒業選手がずらり、明日以降の戦いが楽しみです。その中に首位と3打差5アンダーの鈴木プロがいます。井戸木プロも1アンダー。Tanigawaプロも2アンダーです。明日以降楽しみです。特にUSGAが今日のスコアを見てどのようにコース設定を変えてくるのかが見ものです。

 

ABOUT ME
フランク 早川
フランク 早川
1963年1月17日生まれ。 1978年単身アメリカに留学。 1986年ラ・サール大学理学部生物学科卒業 1987年 鐘紡株式会社入社 1992年Kanebo Information Systems Corp. (USA) 出向 2000年 同社社長就任 2007年 ニューヨークにてDouble Eagle Solutions(IT Consulting会社)起業現在に至る ゴルフ歴25年、とにかくゴルフをこよなく愛しています。週末は必ずゴルフをしないと震えがくるゴルフ依存症の54歳、40台の頃はニューヨークで五本の指に入る腕前で今でも多くのアマチュア大会に参戦している。現在のハンデは7と低迷しているが、ニューヨークのアマチュアゴルフ界では知らないものはいない存在。 過去10年は、PGAツアー並びにUSGA Championshipにてスコアラーのボランティアにも力を入れており、FedexCup Playoff、PGA Championship、US Openの上位グループのスコアラーも任されるようになった。 クラブフィッター、ティーチングプロ、ローカルPGAプロ、スポーツセラピストとの交友も深く、常にゴルフ関係の動向にアンテナを張って生活している。