ツアー

2019年初優勝の選手のデータ

男子トーナメントも6試合が終わり、浅地洋佑プロ(ダイヤモンドカップ)、大槻智春プロ(関西オープン)、堀川未来夢プロ(日本ツアー選手権)3名のプロが初優勝を飾りました。

今回の記事はこの3名のプロの2019年のデータを分析していきたいと思います。

1人目浅地洋佑プロ

浅地プロのデータを見てみると、FWキープ率12位、リカバリー率17位、サンドセーブ率2位とショートゲームの上手さがデータとしても出ています。

2人目大槻智春プロ

大槻プロのデータを見てみるとFWキープ率14位、トータルドライブ8位、サンドセーブ31位、リカバリー率21位と正確なドライバーがデータとして出ています。

3人目堀川未来夢プロ

堀川プロのデータを見てみるとFWキープ36位、リカバリー率18位、サンドセーブ率12位、パーセーブ率17位、平均パット10位と全体的にレベルが高いです。

そして3名のプロの1Wの平均飛距離が、浅地プロ280ヤード(83位)、大槻プロ290ヤード(43位)、堀川プロ281ヤード(80位)とそこまで飛距離の出る選手ではない事も驚きです。

年々トーナメントのコースセッティングもハードになる男子ツアーですが、ダイナミックな1Wの飛距離だけではなく卓越したショートゲームにも是非注目して観戦して頂ければと思います。

 

ABOUT ME
出口 慎一郎
出口 慎一郎
「いでぐち」と読みます。 1983年長崎県五島列島生まれ。 2011年ツアーキャディの道へ・・・約30人の選手のバッグを担ぎ、2017年はISPSハンダ マッチプレー選手権で片山晋呉プロ、マイナビABCチャンピオンシップでは小鯛竜也プロキャディとして初優勝、2勝目をあげる。 2019年度も昨年同様に星野陸也プロとコンビを組む。