グルメ

松栄鮨

茨城県笠間市

笠間稲荷や笠間焼で有名な土地ですが、都内から遠く、駅前から車走らせれば直ぐに長閑な田園風景広が広がります。

そんな笠間市、友部駅近くに都内からも、この鮨屋ためだけに通う客もいる鮨屋があります。

その店名は?

いなせな親方と元気な女将さんが

「いらっしゃいませ!」

これだけで、気持ちよくなれる、魔法の言葉

カウンターに座り

まずは、ビールで喉を潤し

かけつけ2杯

岩モズクをクイッと飲み干して、次に出てきたのが

カツオ 行者ニンニク醤油で

カツオとニンニクは合いますが、それ以上に行者ニンニクの風味とは絶妙

五島列島のハモ 湯引き

ブリブリのハモ

ここでワイン

伊豆沖キンメとイサキ

タマネギ醤油で

次は

長良川天然アユ

6月1日に解禁となったばなりのアユをフライに

香魚と言われる鮎の滋味に満ちた内臓、旨味を閉じ込め昇華させた逸品

旨し

キリッと冷えた白ワインに合います✨

常陸牛いちぼ、とんがらし

旨し

ニギリに参ります

先ずは

ノドグロ

コハダ

カスゴ

出水のアジ

そして、地中海のキプロスのマグロ

親方も絶賛のマグロの質

マグロ赤身漬け

中トロ

名品扱う、橘の生ウニ

甘し、旨し

フグ白子

ぐちゃぐちゃに混ぜて下さい!と親方

クリーミーなまでのシャリとの一体感

コバシラ軍艦

シャコ出汁漬け

〆は、、、

干瓢巻き

いやぁ〜

楽しく美味しく素晴らしい店が、都内でなく地方にあること

その方向性と松栄鮨のセルフプロデュースをも考えての展開

そして何よりも、宮崎の一心鮨光洋にも共通する、鮨屋とは、こうあるべきだ!

固定観念からの脱却と、新しい鮨屋の想像と実現

そして一番大事な礎となる職人としての技術

松栄鮨、また素晴らしい店と巡り合うことが出来ました。

今宵も楽しゅうございました✨

177店目

 


ecc

 

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・