ツアー

コルダ・ファミリー、全豪スラム達成!

ネリー・コルダ(米国)がLPGAツアーのISPSハンダ・オーストラリアン女子オープンで、4ヶ月前の初優勝に続くツアー通算2勝目を挙げました。姉のジェシカも2012年に同大会でツアー初優勝を飾っており、姉妹で同一大会優勝という快挙を成し遂げました。

これはコルダファミリーにとっては必然的だったのでしょう!

* 1996年:父親のペトルが全豪オープンテニス優勝

* 2012年:姉のジェシカが全豪女子オープンゴルフ優勝

* 2018年:弟のセバスチャンが全豪オープンテニス(ジュニア男子)優勝

今回の優勝インタビューでネリーは「やっと仲間になれて超嬉しい!!!」と語り、コルダ家の慣例になっているScissors Kick (ハサミが開いた形のように跳びはねる)を披露した。このキックは父親がテニスの全豪オープンで優勝した際に披露したキックで、姉のジェシカが2012年に優勝した際にも同じキックを披露、その弟のセバスチャン、そして今回のネリーと引き継がれました!

当地では、「コルダ・ファミリー・スラム」とコルダ一家の快挙を称えています。

この優勝で、ソルハイムカップ選考ポイントランキングで1位に躍り出て、姉のジェシカも4位、姉妹揃っての代表入りになる大きなステップとなりました。

2019年の米国LPGAツアーは未だ始まったばっかりですが、コルダ姉妹の今後の活躍が楽しみです。

 

ABOUT ME
フランク 早川
フランク 早川
1963年1月17日生まれ。 1978年単身アメリカに留学。 1986年ラ・サール大学理学部生物学科卒業 1987年 鐘紡株式会社入社 1992年Kanebo Information Systems Corp. (USA) 出向 2000年 同社社長就任 2007年 ニューヨークにてDouble Eagle Solutions(IT Consulting会社)起業現在に至る ゴルフ歴25年、とにかくゴルフをこよなく愛しています。週末は必ずゴルフをしないと震えがくるゴルフ依存症の54歳、40台の頃はニューヨークで五本の指に入る腕前で今でも多くのアマチュア大会に参戦している。現在のハンデは7と低迷しているが、ニューヨークのアマチュアゴルフ界では知らないものはいない存在。 過去10年は、PGAツアー並びにUSGA Championshipにてスコアラーのボランティアにも力を入れており、FedexCup Playoff、PGA Championship、US Openの上位グループのスコアラーも任されるようになった。 クラブフィッター、ティーチングプロ、ローカルPGAプロ、スポーツセラピストとの交友も深く、常にゴルフ関係の動向にアンテナを張って生活している。