グルメ

すし 山崎

12月某日

連日連夜の忘年会という名の飲み会で

我が妻の視線冷たく、家に暖房焚いても温まらず・・・

寒さが余計に厳しく感じられる私目、寿司太郎ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

先日、三宮にある

すし 山崎

にお世話になっている方と行かせて頂きました。

御主人、大将は元々、関東の出

都内某店で修行された後、神戸オリエンタルホテル神戸(かんべ)に、瀬戸内の豊かな魚介類に接するごとに、自分で店を、、の思いから

すし 山崎

先ずはビールで乾杯🍻

「ツマミ、ニギリで本日は23品参らせて頂きます!」

タラ白子 出汁にくぐらせて

クエ

寒ブリ

氷見16キロのブリ、中々お目にかかれません

ワサビ沢山つけてもOK

サバ

ここで白ワイン、ムルソーに変えてタコ

サワラ軽く燻して

松葉ガニグラタン

ニギリに参ります

白甘鯛

ネットリ感と元々白甘鯛が持っている水分、水っぽさが上手く合わさり昇華された逸品

サヨリも旨し

エボダイ

ニギリでは初めて食しましたが、コレもまた鮨の楽しみの一つですね

マグロ

と来て

コハダ

シットリ、ヌメッとした肉厚なコハダ美味也

イクラ

〆は煮アナゴ

全て写真に収めた訳ではありませんが、全23品

今宵も楽しゅうございました✨

167店目

 

 

 

 

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・