ツアー

The Match

アメリカの感謝祭の翌日(11月23日(金))にタイガー・ウッズ対フィル・ミケルソンの勝者総取り900万ドル(約10億円)の「THE MATCH」という試合がラス・ベガスで開催されます。18ホールのマッチプレイ方式がベースですが、噂では試合の要所要所で二人の個別の握りもあるとのことで、その部分の詳細は明らかにされていません。

この試合はテレビで放映されるものの、PAY-PER-VIEWという方式で視聴権利を購入する必要があります。当地ではボクシングの視聴をこの方式でおこなっていますが、ゴルフでは初の試みです。また、会場のShadow Creek Golf Courseでは一般客の入場は一切認めず、スポンサーと一部のVIPのみの入場を認めるそうです。

従って、スポンサーと視聴料収入で全てを賄う必要があり、当地ではその値決めに関心が集まっていました。ボクシングでは50ドルから90ドル(約5000円から1万円)の視聴料が一般的ですが、果たしてゴルフファンは、いくら払ってこのマッチを見るのでしょう?噂では30ドル前後(約3000円)と言われていましたが、このたび$19.99と発表され、手ごろ感をアピールしています。因みに僕自身はお金を払ってまで見ようとは思いません。また周囲の仲間も興味は無く、何れネットで見れるだろうとこの試合そのものを軽視しています。

果たして、この興行で利益が出るのでしょうか?また、本当に面白い緊迫した戦いを見ることができるのでしょうか?この試合、10年前に開催していたら、もっともっと盛り上がっていたでしょう!何れにせよ、良い戦いぶりを披露して欲しいですね!

 

 

ABOUT ME
フランク 早川
フランク 早川
1963年1月17日生まれ。 1978年単身アメリカに留学。 1986年ラ・サール大学理学部生物学科卒業 1987年 鐘紡株式会社入社 1992年Kanebo Information Systems Corp. (USA) 出向 2000年 同社社長就任 2007年 ニューヨークにてDouble Eagle Solutions(IT Consulting会社)起業現在に至る ゴルフ歴25年、とにかくゴルフをこよなく愛しています。週末は必ずゴルフをしないと震えがくるゴルフ依存症の54歳、40台の頃はニューヨークで五本の指に入る腕前で今でも多くのアマチュア大会に参戦している。現在のハンデは7と低迷しているが、ニューヨークのアマチュアゴルフ界では知らないものはいない存在。 過去10年は、PGAツアー並びにUSGA Championshipにてスコアラーのボランティアにも力を入れており、FedexCup Playoff、PGA Championship、US Openの上位グループのスコアラーも任されるようになった。 クラブフィッター、ティーチングプロ、ローカルPGAプロ、スポーツセラピストとの交友も深く、常にゴルフ関係の動向にアンテナを張って生活している。