グルメ

小判寿司

9月某日

東北一の繁華街 国分町の喧騒から少し歩いた所にある、昭和な雰囲気漂わせる

文化横丁にあるのが

小判寿司

です。

まずは1日お疲れ様でした!の意味合いからもビールをグビッ

そして

三陸の星鰈

スダチと塩で

煮鮑

コハダ サバ

ここで、宮城県石巻市の墨廼江(すみのえ)

隣には社用族と見られる(右耳がダンボでした)サラリーマン4人が賑やかにツマミ、ニギリを摘みながら・・・

最近流行りの鮨屋ではビジネスマンはいてもサラリーマンはいないですよね?語呂的に合わない

小判寿司は良い意味で、サラリーマンが1日の疲れを癒して明日からの英気を養える店の雰囲気なんです。

親方も18歳から職人の道に入り、色々な話をしながら楽しい時間を過ごさせて頂きました。

鮨吉が断言します

「一人で楽しめる鮨屋は良い鮨屋」

ニギリに参ります

コハダ

ヌメッと色気あるコハダ美味し

アジ

三陸沖のキンメダイ昆布締め

ノドグロ炙り

炙りのオンパレードは辛いが、変化球となり美味なのは間違いない

最後に、昔から親方が食べてきたものを〆でお願い致します!

とリクエストすると

「東北の人間は塩辛い食べ物が好きだからねぇ〜、少し筋子の量を控えますね。」

で、

筋子巻き

「保守とは横丁の蕎麦屋を守るようなもの」

福田恆存さんの言葉ですが、肩肘張らずにリラックス出来て、日頃から行きつけに出来る店

古き良き昭和の寿司屋が仙台にはありました。

ビール2杯

日本酒4号

ツマんでニギリ

12,000円

今宵も楽しゅうございました✨

156店目

 

 

 

 

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・