ツアー

ニクラウスがマスターズでホールインワン!!

 

マスターズ恒例のパー3コンテストで、ニクラウスがホールインワン達成!
と言っても、これはジャックではなく最終ホールに孫のギャリーに打たせた一打でした!

ゲーリー・プレイヤー、トム・ワトソン、ジャック・ニクラウスという殿堂入りの三名のグループが
バトルを繰り広げる中での一打に、全員が大興奮!新たな歴史が生まれました!

パー3コンテストの最終9番ホールで選手の子供や孫、家族にTee Shotを打たせることができるのを皆さん知ってましたか?

このホールインワンに関し、ジャックは報道陣にマスターズでは様々な出来事があったが、今日のGT(孫のゲーリー)のホールインワンは
マスターズでの過去のどの優勝よりはるかに印象深いと語っていた!

孫と共にマスターズの会場でプライスレスな思い出を作りあげたジャック、僕自身も感動しました。

因みにコンテストの優勝はトム・ワトソンでした!68歳での優勝はマスターズ パー3コンテスト史上最年長記録。

パー3コンテストは、15歳のゲーリー・ニクラウスのホールインワンと68歳のワトソンの勝利で幕を下ろしました。

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
フランク 早川
フランク 早川
1963年1月17日生まれ。 1978年単身アメリカに留学。 1986年ラ・サール大学理学部生物学科卒業 1987年 鐘紡株式会社入社 1992年Kanebo Information Systems Corp. (USA) 出向 2000年 同社社長就任 2007年 ニューヨークにてDouble Eagle Solutions(IT Consulting会社)起業現在に至る ゴルフ歴25年、とにかくゴルフをこよなく愛しています。週末は必ずゴルフをしないと震えがくるゴルフ依存症の54歳、40台の頃はニューヨークで五本の指に入る腕前で今でも多くのアマチュア大会に参戦している。現在のハンデは7と低迷しているが、ニューヨークのアマチュアゴルフ界では知らないものはいない存在。 過去10年は、PGAツアー並びにUSGA Championshipにてスコアラーのボランティアにも力を入れており、FedexCup Playoff、PGA Championship、US Openの上位グループのスコアラーも任されるようになった。 クラブフィッター、ティーチングプロ、ローカルPGAプロ、スポーツセラピストとの交友も深く、常にゴルフ関係の動向にアンテナを張って生活している。