ツアー

タイガー復活か!?

 

当初の観客動員予想をはるかにオーバーした先週末のPGAツアーValspar Championshipでは、タイガーの55ヶ月ぶりの優勝なるかと思いましたが、一打及ばず二位タイで幕をおろしました。

ここ二試合のタイガーの活躍は素晴らしいもので、特にアプローチショットの精度は非常に高かったと僕は思いました。

リハビリに専念している間、フルスィングができないので自宅でアプローチとパットだけは真剣に練習していたそうです。

なんと自宅に練習グリーンが4個あるそうです。流石世界のタイガー!スケールが違う!
ショートホールが4つあるような大きさだそうです。

また、そのグリーンを手入れするのはマスターズのオーガスタのグリーンを以前管理したスーパーインテンダント(コース管理者)という噂もある筋から聞きました。

 

とにかく、何年間も実戦から離れていた選手とは思えない戦いぶり、サンデーレッドのウェアを着て大きなガッツポーズを見せてくれる日は、そう遠くないでしょう。

今週のアーノルド・パーマー・インビテーショナル、復活優勝見たいです!

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
フランク 早川
フランク 早川
1963年1月17日生まれ。 1978年単身アメリカに留学。 1986年ラ・サール大学理学部生物学科卒業 1987年 鐘紡株式会社入社 1992年Kanebo Information Systems Corp. (USA) 出向 2000年 同社社長就任 2007年 ニューヨークにてDouble Eagle Solutions(IT Consulting会社)起業現在に至る ゴルフ歴25年、とにかくゴルフをこよなく愛しています。週末は必ずゴルフをしないと震えがくるゴルフ依存症の54歳、40台の頃はニューヨークで五本の指に入る腕前で今でも多くのアマチュア大会に参戦している。現在のハンデは7と低迷しているが、ニューヨークのアマチュアゴルフ界では知らないものはいない存在。 過去10年は、PGAツアー並びにUSGA Championshipにてスコアラーのボランティアにも力を入れており、FedexCup Playoff、PGA Championship、US Openの上位グループのスコアラーも任されるようになった。 クラブフィッター、ティーチングプロ、ローカルPGAプロ、スポーツセラピストとの交友も深く、常にゴルフ関係の動向にアンテナを張って生活している。