プライベート

お陰様で古希を迎えました!ありがとう!

 

ご無沙汰しとります、サニーです。
生きとるよ、ピンピンですよ
みなさんに報告あるんやが、なんや小っ恥ずかしいがな
古希を無事迎えることが出来ました。
嫌なんよ、70いう響きがな、ジイさんやないか?
ほんでよ〜、免許の更新に行ったら高齢者講習があり、気が滅入るよ(笑)
まぁ〜、サニーはブイブイ レクサス飛ばしとる、安全運転には気をつけとるよ
しかし、こん前な、高知道を右車線走っとったら、パトカーに止められ切符きられてもうたよ
スピード出さんでも、ずーっと右車線走っとったらアカンいうの初めて知ったよ
交通法規勉強せなあかんな、今年は(笑)
そや、サニーの古希祝いコンペをな、松山の仲間達が企画してくれて
極寒の中でしたが、参加してくれた皆、ありがとうな!

朝イチから、ジョーダンスピースばりのフェードでスタートや
でな

完璧、出来レースやないか!(笑)
いやいや、皆様のご配慮ありがたく、心に染み入りましたよ

 

 

で、夜は夜で50人集まって頂き老若男女入り乱れてな

70歳か、あっという間やったな、、、
しかし、70年生きてきて、感じること思うことないですか?
よう最近聞かれるんやがな
1つ言えるんは
人は石垣、人は城
やな
かの武田信玄は人と人との繋がり大事にしてな、あんだけの勢力誇っとったのに大きな城を築かず屋敷程度のもんやった
秀吉なんかと逆やな、秀吉は難攻不落の大阪城築くも息子ん代で滅びるやろ?
まー信玄も同じやがな
秀吉も天下取るまでは、目配り気配り、ほら半端なかった思うよ
しかしな、、、
サニーには財産がある。
当日来てもうた仲間よ
お陰様で二十代の若衆から、30代、40代、50代、60代の沢山の世代違う仲間とアホな話で盛り上がってな、ホンマに感謝しとる
そよ、こん記事を見てもうてくれとる皆さんも仲間よ
ゴルフ愛してな、ジャン兄ぃ〜の歌やないが
人生に乾杯よ?
墓場まで銭持っていけん
財産残すは下
仕事、業残すは中
人を残すは上
いう言葉もあるが、70年生きてきて痛感しとる
暫く振りになり、なんかしんみりしてもうたが、気持ち、精神はまだまだ青春ですよ!
これからも、皆さん
宜しくな!

 

 

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
佐野木 一志
佐野木 一志
1948.2.12生まれ。徳島県出身、愛媛県松山市在住。 1964年、選抜高校野球大会では徳島海南高校一塁手として全国大会優勝を果たす、 このエースでマウンドにいたのが尾崎将司・・・・ 早稲田大学野球部時代は都の西北に美男子佐野木有り。 と言われたとか言われなかったとか ジャンボ尾崎専属キャディーとして 通算32勝、賞金王・海外メジャーでも常に現場にいた。 ゴルフを愛する気持ち、熱い思いと現場に拘ってきた、 それこそが佐野木ズム。