ギア

ジャンボさん、ピンゴルフジャパン株式会社へ

 

遅くなりましたが、皆さまあけましておめでとうございます!!

今年もよろしくお願いしますm(._.)m

ジャンボ邸はトレーニング中です。

タイヤを引いて、ミニクラブでソフトボール打ち!!

ジャンボさんの報告なんですが、今年は少しペースが早いです。まだ1月半ばなのにアイアンを打ちたいと言い出しました!!

(いつもの感じだと、1月はボールを打たず体作り中心です)

セブンドリーマーズの来年のシャフトがバンバンできてきまして、早めに試打をしないといけなかったんです。ボール打ってくださいってお願いする必要ありませんでした(^^;

ジャンボさんのシャフトへのこだわりは、本当に細かいというか普通では思いつかない事をメーカーに要求します。

だいたいカーボンシャフトを研究してメインに使いだしたのジャンボさんですし、研究しながら試合でためして良かった時もあれば、大失敗した事もあります。

最終日に最終組なのにはじめてコースで使うドライバーで行って曲げまくって2位になる…

(みんなには止められてた)

すいません

話が違う方向になってました。

セブンドリーマーズの新しいアイアンのシャフトを組みまして細かな調整とデータを取りにピンゴルフジャパン株式会社に行ってきました。

ズバリ、ピンのアイアンのロフトライ角調整はハンマーでやるんです!!ステンレスなので… そしてこの機械は世界共通なんです(^^)

ウィルさん、稲原さんありがとうございました!!

そして、今年のいろいろな情報…

まだ言えません。

失礼いたしました。

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
小暮 富志雄
小暮 富志雄
1978年5月11日生まれ。埼玉県熊谷市出身。 僕は高校卒業して18歳からジャンボ邸にいるんですけど、その頃は工場がジャンボさんの家の敷地内にあったので、 ジャンボさんが試合行ってる間に工場に行って、自分で目で見て聞いて覚えました。 ゴルフを始めた時、グリップの握り方もわからないのでジャンボ邸に来て、 いきなりバンバンボール打てと言われ、手が血まみれになっていました。 どうやってグリップしていいかわからないので、 (当時賞金王の)ジャンボさんのクラブバックからだしてこっそり握ってしまいました。 鳥肌が立ちましたね。 だから今でもその雰囲気で入れてます。 そこからクラブとグリップに興味が湧きました。 人と唯一の接点のグリップ、そしてクラブ。 それを操りボールに魂吹き込むジャンボさん。 今までも、これからも頑張ります。 皆様、宜しくお願い致します!