グルメ

鯛すし

 

12月某日

神戸にある老舗

鯛すし

飲み屋街ど真ん中に位置し、鯛すしを訪れた時も、ビジネスマン、同伴方がメインの客層だとスグ分かる

L字の白木のカウンター越しに

大将の小気味よい手捌き、包丁さばきを見ながら瓶ビールで。

良くも悪くも昭和の景気の良い寿司屋を感じる。昭和のオヤジがサラリーマン時代、絶対交際費バンバン使えた時は、この様な寿司屋に来ていたんだろうな〜

まずはブリ

脂乗り美味し、薬味のネギをこの様に出すのは初めて

明石のタコ

若干濃いめの味付けにビールがすすむ

ここで、辛口日本酒、冷やに。

タラ白子

ツマミも適度に、客のタイミング見計らい出してくれる。その他にもツマミ数種頂き、ニギリへ

ブリ

ヒラメ

マグロ

他にも淡路のウニ、淡路の鯛、どのニギリも古き良き神戸の寿司屋を体現していて美味だった

いかってる白身、シャリも関西風、美味しかった!

しかし、ただ一つだけ?あるとすれば、いくら客層がビジネスマン、同伴中心だからといって寿司屋で喫煙可は、鮨キチとしたら納得出来ない

同伴前に女性口説くにタバコはいらない、美味い寿司と酒があれば充分です。

イマドキ喫煙可も含めて、古き良き昭和の良き寿司屋

楽しょうございました✨

141店目

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・