グルメ

すし屋 亀平

 

12月某日

冷たい北風、六甲おろし吹く神戸三宮の街

中心部、生田神社から歩いて1分所にある

すし屋 亀平

意外な場所、商業用ビル4Fに

「いらっしゃいませ!」

サイド刈り上げ、髪の毛後ろで束ねた大将が迎えてくれました。

おもしろそう・・・^_^

事前の下調べでは、瀬戸内モノ、徳島などで獲れた白身魚メインの寿司屋とのこと

先ずは、ビールで喉を潤しひと段落。

瀬戸内のヒラメ

ツマミも素材大事にしながら、自然な感じでひと手間かけ押し付けがましくなく、それでいて色々と説明してくれて楽しくて美味しい✨

週に一回、仕入れ等で、徳島まで車走らせるそう

ニギリも

瀬戸内の鯛は日本一、イカってる身と柔らかな旨味滲み出てくるイノシン酸の調和感じるニギリ

ハリイカ

スダチ、塩で

タチウオ

炙り、スダチ、塩で

カワハギ 肝挟んで

<<

タイラギ

スダチ、塩で

サクサクホロホロの食感とサッパリした甘み、美味也

徳島で獲れた活きエビに一仕事

エビ味噌乗せて

淡路のアナゴ

日本海のモノに比べて瀬戸内のブリはサッパリしてます、今年のは脂のノリ少ないですが・・・」と大将

その分、ブリ本来の旨味が全体に回り、良い塩梅

淡路の黒ウニ

「さっこん、由良の赤ウニなども殆どが徳島産です。黒ウニは今から、1月〜3月もっと甘くなりますよ!」

締めはカッパ

ウニとハリイカ追加して、ご馳走様でした

白身魚メインで、シャリもエッヂがあり好み

ビール

日本酒4合

ツマミ、ニギリ満腹でしめて12,000円

CP値高く、大将の人柄滲むほのぼのする寿司でした✨

間違いなく又、来ます。

140店目

今宵も楽しゅうございました✨

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・