ツアー

比嘉真美子プロ復活優勝の裏側

 

比嘉真美子プロ優勝おめでとうございます‼️

比嘉プロのスランプの時、実はその年にキャディをしていたのが私でした。

比嘉プロと私の出会いは私がまだゴルフ場勤務していた北九州にある小倉カントリークラブに練習生として来た時でした。当時はまだ18歳で高校卒業したばかりでした(^^)

7ヵ月ほどゴルフ場にいて、朝のトレーニング、ラウンド、夜の練習とほぼ一日中を共に過ごし、その年プロテストに合格‼︎そして、彼女はプロの道へ、それからしばらくして私もツアーキャディの道へ。

比嘉プロはデビューしてから2勝し、好成績を残していく彼女をとても誇らしく思っていました。

私が比嘉プロとコンビを組ませていただくようになったのはちょうど2年前、アメリカのQTに失敗し、彼女が1番のスランプに陥った年でした。。

1番得意としていたドライバーが突然の不振、、アマチュア時代を知ってる私からすると想像もつきませんでした。

今振り返ると、年間キャディとしてコンビを組む前の年に、森永レディース、ミズノクラシック(現在のTOTO)と2試合キャディーをさせてもらったんですが、その頃からドライバーの予兆はあったと感じています。。

練習場ではナイスボール、いざ試合が始まると別物になってしまう。

試合中、突如泣き出してしまう事もありました。

輝かしいプロデビューを飾った比嘉プロの姿から想像もつかない現実にもても辛い思いだったと思います。

横にいる私でさえ心苦しく何もできない現状にもどかしさばかりを感じていました。

けど、比嘉プロはそれでも諦めず自分と向き合い試合に出続けました‼︎ドライバーを振り続けました‼︎

賞金シードを逃しシーズンは終了、私たちは千葉県紫カントリークラブで行われるファイルQTへと臨みました‼︎

比嘉プロチームみんなで話をし、最後まで悩んだ結果QTはドライバーを抜いて戦うという大きな決断をし、QT18位という成績を残し、翌年の出場権を獲得する事ができました。

 

本当に嬉しかったのを覚えてます!

写真はQT終了後のクラブハウス前で、比嘉プロとお姉さんと撮った写真です‼︎

それから、翌年シード復活、成績を順調に残していき先週のNEC軽井沢72ゴルフトーナメントで復活優勝‼︎

本当に嬉しかった、私もいろいろな思いが込み上げできました‼︎苦しかった不振の時、あれを乗り越えれたんだからこれからはもぅ恐いものはありません‼︎

彼女の言った通り、新しく強くなった比嘉真美子の誕生です‼︎これからの活躍がとても楽しみです‼︎

今年の、セガサミーカップで池田勇太プロと比嘉プロについて話した事がありました。比嘉プロは根性があるから絶対復活できると池田プロは言っていました‼︎

池田プロは以前あまりにも不調の比嘉プロを見かねて試合を観戦し、指導してくれた事もありました‼︎その時の比嘉プロの目の奥に見える闘志に復活を予感していたのかもしれませんね‼︎

 

 

ネスレインビテーショナル日本プロゴルフマッチプレー選手権レクサス杯 出場選手皆様のTwitterアカウントURLです。

こちらもご覧ください!^^

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

nestlematchplay.twitter.com

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
出口 慎一郎
出口 慎一郎
「いでぐち」と読みます。 1983年長崎県五島列島生まれ。 2011年ツアーキャディの道へ・・・約30人の選手のバッグを担ぎ、2017年はISPSハンダ マッチプレー選手権で片山晋呉プロ、マイナビABCチャンピオンシップでは小鯛竜也プロキャディとして初優勝、2勝目をあげる。 2019年度も昨年同様に星野陸也プロとコンビを組む。