グルメ

アメリカ ボストンの寿司屋「ブルーフィン」

 

こんにちは

鮨吉寿司太郎です

みなさま、鮨life enjoyされていますか?

寿司太郎は日本離れ、アメリカはボストンに来ています

ボストンといえば、seafood

街中のseafood店は、どこも人で一杯です

そんな中、ボストン郊外に日本人が経営する、握る寿司屋があると情報得たので、鮨吉の血が騒ぐ

居ても立っても居られない

6月某日

ボストン郊外の寿司屋「ブルーフィン」に・・・

青い看板と青い空

人は言う、アメリカに来てまで寿司屋に行く必要なんてないじゃないか!!

何故そこまでして、寿司屋に?

そこに寿司屋があるから・・・

店内に入るとカウンターが目に

カウンターに案内され座ると?やはり先ずはご当地ビール

サミュエルアダムス

アメリカ建国に関わった人らしい

うん。雰囲気よし✌

大将の話も面白い

18歳で単身渡米、今から約40年前・・・

ビールのツマミにソフトシェルクラブを

サクサク感とカニの風味、美味し✨

ナスの生姜焼きも美味かった。

大将に、ボストンならではの巻物を頼みました。

来たのが?

一番上がアボガドとウナギの巻物

真ん中2列がエビ天婦羅を巻き、マヨネーズ・とびっ子・マヨネーズベースのスパイシーな味付けのソースかけた、クレイジーロール

一番下がアボガドとマグロのボストン巻き

初食感、味もあり

楽しかったです。

そして握り。

ホタテ   サーモン  〆さば   ヤリイカ  タコ

そして地物のスズキとサンディエゴのウニ

西海岸のウニは定評ありますが、やはり美味し✨


他にも日本食も充実していて

美味しかったです。

「ブルー フィン」で寿司屋通算130店目

楽しゅうございました✨

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
鮨吉寿司太郎
鮨吉寿司太郎
鮨、寿司、SUSHI、色々ありますが職人さんと客がカウンター越しに目で楽しみ、舌で楽しみ、耳で楽しむことが出来るのが鮨、寿司? アナタの事を思いニギッていますよ face to face eye to eye コレこそが鮨、寿司の醍醐味だと思います。 私の趣味は日本全国、鮨の食べ歩きです? 行った鮨屋は2017.6/10現在、通算129店・・・ 高校3年の春、オヤジに初めて連れて行ってもらった、大阪の亀寿司 仕事帰りのサラリーマンが1日の疲れと明日への英気を養いながらカウンターで鮨を摘んでいました。 アレから約30年、今日も新たな鮨、寿司に出会うため そう、アナタの街の 横丁にある鮨屋 自分だけの鮨屋 自分だけの空間 そう、色んな鮨があっていい 今日も、そんな鮨屋を探しながら・・・