ツアー

さらば、全英よ

全英の歴史の一部と言っても過言ではないスターター・アイバーロブソン氏(74)が、
今回限りでその立場を去ることに・・・

217

あの歯切れのよいクリアーな声と独特なトーン。

「ケンイチー クボーヤー!」
「マッシー クラモート!」

今でも耳の奥底でコダマしている。
私も一回ぐらい「ヒロユキー ワタナーベ!」と、コールしてもらいたかった。

最終日に、グループ3人のティーショットを終えたあと、
一人こっそり歩みより、「サンキュー」と言って感謝の意を込めて握手。

朝から夕方までトイレもほとんど行けず、
雨の日も風の日も41年間スタートティーにいた彼。

握手した彼の手から、長い歳月と全英の歴史を少しだけ感じとることができた。

そんな歴史の重さを感じながら、トロフィーの重さを知る。

220

(プロアマのとき、ちょっとだけ拝借してパシャリ!日本人キャディーで持ったのは私だけ?!)

イギリスをあとにする前に、全英は全英だけど、
ゴルフの聖地ではなくテニスの聖地・ウィンブルドンにも足を伸ばしてみた。

231 232 233

全英ゴルフと違って、芝が青くフサフサしている。

今度は私もこの地を目指してみるか!

錦織圭のテニスブームに乗っかって、
「エアーケイ」

ならぬ

「エアーナベ」

222 224 226

伝説のテニスプレーヤーの像の前で勝負を挑んできた。

またいつかはこの地に戻ってくるだろう!

こんな私を嘲笑うかのように、ロンドン・ピカデリー前で、
志村けん似の変なおじさんが、工事用の赤いコーンに穴を開け、
トロンボーンのような綺麗な音を奏でていた。

228

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

ABOUT ME
渡辺 宏之
渡辺 宏之
1971年6月21日生まれ。神奈川県出身。 東洋大学を卒業後、スキーのインストラクターをしながら小中学の同級生、久保谷健一がプロになったことでツアーキャディーに。 2002年に久保谷プロの2週連続優勝のあと、2003年USツアーに本格参戦。2004年から倉本プロのキャディーを務め、2006年から07年はチャンピオンズツアーに参戦。女子ツアーでは服部道子プロ、古閑美保プロ、諸見里しのぶプロのキャディーを務め、優勝に貢献。 2010年、14年ではシニア賞金王・倉本プロの専属キャディーを務める。 2012、15年度には、I・J・ジャンプロのキャディーを務め、中日クラウンズで二度の優勝 2019年度は、辻梨恵プロ、三浦桃香プロのキャディーをメインで務める。