ツアー

大西 葵プロと挑むファイナルQT

 

女子のファイナルQTは千葉県の東急セブンハンドレッド東コースで開催されました。

102名のプロの中から上位の35人の選手に来シーズンのほぼ全試合の出場権が、与えられます‼

その出場権を獲りに大西 葵選手と挑みました‼
1

2

月曜日の練習日にはコースメモの部数が少なく売り切れて足りなくなるというちょっとしたハプニングがありました???

大西選手は実は女子の最終戦でもある、エリエールレディスを2日目に欠場しているんです。

その欠場理由は、腰のヘルニアでした??

ヘルニアの腰の状態でのQTの4日間はかなり大変です、飛距離も飛ばなくなりますし、むしろ歩くだけでも辛いと思います。

毎日痛み止めを飲んでの戦いとなりました‼

3日目までの順位は65位、これでは来シーズンの出場は絶望的です?

最終日は5アンダー出さないと35位以内には入れません?

初日から3日目までで7オーバーしてる選手が最終日に5アンダーというスコアを出すのはかなり大変です‼‼

最終日の朝、大西選手と2人で何があっても攻める18ホールにしようと話をしてティーグラウンドに立ちました?

最終日の結果は目標の5アンダーには1打及ばす4アンダーでした✨

これで大きく順位を上げて35位以内とはいきませんでしたが、ほぼ全試合に出場できる順位の38位まで行く事ができました✨

ラウンドを終えてクラブハウスへ戻ると、大西選手のご両親やメーカーさんが心配そうに待っていましたが、スコアを聞いた瞬間にみんな喜びが爆発していました✨

それを見て僕もホッとしたのと喜びが徐々に押し寄せてきました‼
最終日の崖っぷちの状況で4アンダーを出せた大西選手、来シーズンこそは活躍してくれると思います‼

皆さん、大西選手の来シーズンに是非ご期待ください‼

3 s__89997327

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ABOUT ME
出口 慎一郎
出口 慎一郎
「いでぐち」と読みます。 1983年長崎県五島列島生まれ。 2011年ツアーキャディの道へ・・・約30人の選手のバッグを担ぎ、2017年はISPSハンダ マッチプレー選手権で片山晋呉プロ、マイナビABCチャンピオンシップでは小鯛竜也プロキャディとして初優勝、2勝目をあげる。 2019年度も昨年同様に星野陸也プロとコンビを組む。