ツアー

全英のコースが、全てリンクスと思ったら大間違い!

全英シニアオープン
ロンドンから車で30分ぐらいにあるサニングデールゴルフコース。

18109 18110

18111
(18番ホールグリーン)
ここから700キロ北にあるセントアンドリュースと違って比較的暖かい。
とはいっても昼の平均気温15度くらい。
雨風になると、手袋にネックウォーマーをしたくらい寒い。
天候が変わると全く様相を変えるホールがある。
特に印象的だったのが1番ホールPAR5

18113 18114

(1番ティ)
2日目、ティーショットドライバー、セカンド7番アイアンで2オン
4日目、雨でフェアーウェイが柔らかくなりアゲンストの風が吹いた途端、
ティーショットドライバー、セカンドじかドラ!
それでも30ヤードショートした。

同じホールですよ。

フェアーウェイが硬いときは楽々50ヤードは転がり、バウンドは人の3倍以上跳ねる。
ボールが何処に行くか予測もつきません。
しかしキャディは予測してアドバイスする。
予測が外れた時の代償は大きい。
18116
(雨で中断中のグリーン)

7番ホールは、10メートルも高い所にあるバンカーを目標に見えないフェアーウェイに打っていく。

18118

(7番ティー側から見た景色)

18120

(セカンド側からティを見た景色)

8番ホールグリーンの横にある屋敷は、築100年は軽く越えている

18123

それ以外に、数々の日本ではない形状や植物がトラップとして待ち構える。
コースの至る所にあるフェザー。

18125 18126 18127

(11番ホール)
この時季は6週間ほど花が咲き、コースを彩る。
しかしここに入ると、リンクスコースによく見られるフェースキューとは違う抵抗がある。
花が咲いていて柔らかく感じるかもしれないが、ぶっとい枝の先に花が咲いている。
打っても何処に行くかわからいし、飛ばない。

それ以外にちょっとした林の中にあるのだが、一見広葉樹に見えるが葉っぱの先はトゲトゲ!

18129 18130

こちらはセントアンドリュースにも多数存在するゴース。

18132 18133

ここに入るとボールを探すのも一苦労。

昔、ロストボールになりそうだったので慌ててボールを探しに入ったら傷だらけ!
それ以来全英では長ズボンを履くようにしている。

そしてこの赤杭。

18135

無理矢理打とうとしても、スタンス取れない、バックスイングできない、スイングできる方向に打ってもずーっと溝。
2クラブの処置をとっても周りはフェザーだらけ。
結局元の位置に戻って打つしかないからOBみたいなもの。

私は全英にキャディで5回来ているが、どのコースも違うし、リンクスではないこのような山岳コースもある。
言えることは、全てのホールに神経を使い、内面的にもタフでいなければならない。

そのことを言いたいかのように、ここの練習グリーンにあるカップ。

18137

キャディに取ってはボールを拾うのが辛く、カップの縁を傷つけないことに神経を使う。

ABOUT ME
渡辺 宏之
渡辺 宏之
1971年6月21日生まれ。神奈川県出身。 東洋大学を卒業後、スキーのインストラクターをしながら小中学の同級生、久保谷健一がプロになったことでツアーキャディーに。 2002年に久保谷プロの2週連続優勝のあと、2003年USツアーに本格参戦。2004年から倉本プロのキャディーを務め、2006年から07年はチャンピオンズツアーに参戦。女子ツアーでは服部道子プロ、古閑美保プロ、諸見里しのぶプロのキャディーを務め、優勝に貢献。 2010年、14年ではシニア賞金王・倉本プロの専属キャディーを務める。 2012、15年度には、I・J・ジャンプロのキャディーを務め、中日クラウンズで二度の優勝 2019年度は、辻梨恵プロ、三浦桃香プロのキャディーをメインで務める。