ボールに体重をぶつける腹筋の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回はスイング中に前傾角度を保ち、ボールに体重を伝える腹筋のトレーニングです。
上半身と下半身を繋ぐ役割が腹筋です。

脚を挙げるのも腹筋
上半身を前傾するのも腹筋

スイング中どちらかが強かったり弱かったりしても、前傾角度が崩れてボールに体重を伝えることができなくなります。

そこで行うのが・・・

「大の字腹筋」

手足を大の字に伸ばして仰向けに寝た姿勢がスタートです。
腹筋を使いながら手足を素早く縮めて、肘と膝をヒットさせます。
この時上半身だけ起き上がったり、足だけが縮んできたりしてはいけません。
上半身も下半身もバランスよく縮めて肘と膝を当ててください。
そうすれば、前傾角度が崩れない力強いスイングをすることができます。

30回3セット!!

慣れてくれば、スピードを出しておこなえるように頑張ってください!

 

B2バナーちっく

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. 大阪北部で震度6弱の地震が起きました。僕はニチレイ終わり、アースモンダミンも千葉…
  2. サントリーレディース週は三宮宿泊でした。 自宅からも余裕で通えますが、妻に…
  3. こんにちは、キャディの新岡です^o^ 今週のサントリーレディースは、上田桃…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る