イ・ボミ選手2勝目からの軌跡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

イ・ボミ選手、2015年の2勝目は6/23-26に千葉県・カメリアヒルズCCで開催された
「アース・モンダミンカップ」でした⛳
例年好スコア出て、優勝がハイスコアになる大会のイメージあります。
300ydぐらいの短めのpar4と4コのpar5ですが、2オンしないものの、80〜100yd前後の距離をいかにバーディーチャンスに付けるか?がテーマの同コース⛳

試合前から、徹底的にこの距離を練習していました?
最終日68でラウンドするも−14で李知姫プロとのプレーオフ!!
普段はお姉さん的な存在の知姫プロですが、勝負は勝負!ですね。
プレーオフ決めてになったNo.18 504yd par5

1

グリーンは?

2

やはり、ボミ選手、気持ち昂っていたのか普段よりも距離が出ていました・・・

ドライバーしかり、アイアンの縦感しかり、 ショートアイアン・ウェッジはピン狙うクラブです。
それを私は感じていたので、プレーオフ時に本当は3打目68ydでしたが、

「ピンまで65ydです!」

とボミ選手に伝えました。
結果的にOKバーディーにつき、優勝する事が出来ました!
プレーオフの疲れも心地よい疲れだったのを覚えています。

さて、次は7/25-28に北海道・小樽CCで開催された
「ニトリ レディス ゴルフ トーナメント」です⛳
年初にトーナメントスケジュール発表されると、日程をボミ選手や関係者と考えます。
過密日程でしたので、小樽CCでの同大会どうする?
という意見も出ましたが私はボミ選手に伝えました。

「この小樽CCで、どれだけのスコアで回れるかではなく、回ることよりもコースとどう対峙し戦うか?それが1番試される、ボミ選手が今の自分自身のゴルフを知るには1番のコースだと思う。だから私は出場して欲しい!」と

ボミ選手も笑顔で、頑張りましょう!と言ってくれました。

男子ツアーのサン・クロレラ クラシックが開催されていた時、私は谷口さん、平塚さん、薗田プロのキャディを小樽CCでしました。
全てのティーショットに球筋とシッカリしたイメージ要求され、セカンドショットも洋芝で高麗芝の様にボールが浮いている感じなく、ペタッとしている為にアイアンの入射角も大事、グリーンもウネリ、漠然とセンターOKでなく、振られたピンに対して何処に付けるか?何処を狙うか?考え攻めなければならない、小樽CCは日本代表する戦略性高いゴルフ場なんです!

そして、私なりに考えるキーホール、フロント9はNo.2とNo.8のpar4ですね。
No.2はティーショットは左に池、右は洋芝のネチっこいラフ待ち構えて絶対にフェアウェイキープしなければなりません!
そして奥から急傾斜のグリーン手前には池あり、手前の少しのラフもツルツルに刈り込まれている為に、少しでもバックスピンかかると池まで・・・
距離は無いものの難易度高いホールです!!

No.8も同じで、軽く右ドッグレッグホール
右サイドには高い白樺やブナの木が迫り出し、フェアウェイセンターにも大木あります。
初日ドライバーで打ちましたが、2日目・3日目は3Wで打ちました。
セカンド距離残っても良いので、大ケガ禁物ですからね(笑)

そして、グリーン手前には池もあり、、、
皆さま小樽CCは本当に難しく楽しいコースなんですよ?
そして、次はバック9に行きますか?
やはり、あのホール忘れてはいけませんよね?
No.16のpar4です。右サイドは柳やブナの木々が密集してノーチャンス、フェアウェイセンターか左サイドキープがmustのホールです⛳

3

そしてグリーン手前に大きな池が待ち構えています。
フェアウェイに行ったら行ったで、ミドルアイアンかユーティリティ使用します。
右サイドにティーショット行きラフに入れば、出してショートアイアンで打つので4か5。
しかもフェアウェイから当たり薄く、池に捕まると良くても5、6も見えてくるんですよね〜

しかしボミ選手はこのホール、3日目、par・birdie・parの素晴らしい−1で終えました。
で、優勝スコアは−7
グリーン面は右サイド奥から左下に向かうグリーンです。

4

このホールの攻略も勝つには重要でしたが、苦手な大叩きするホールが無いというのも強い選手の特徴かな?と思います。
個人的には色々な思いも含め、7勝で1番嬉しい優勝でした!

明日からは4勝目〜をお届けさせて頂きたいと思います。

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
清水 重憲(しみず しげのり)

清水 重憲(しみず しげのり)プロキャディー

投稿記事一覧

1974年7月10日生まれ。近畿大学ゴルフ部出身。
1998年に田中秀道プロのキャディーを務め、日本オープンなど年間6勝をあげる。2007年には谷口徹プロ・上田桃子プロキャディーで男女ツアー両賞金王キャディーになる。現在はイ・ボミ選手専属キャディーとして参戦している。
男女メジャー5勝、通算36勝。

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. ムースヒルズバーガーの都市伝説が伝説に‼︎ 以前、小岸キャディーの記事でも紹介されたよ…
  2. 星野陸也プロ 初優勝&完全優勝&コースレコード更新 フジサンケイクラシッ…
  3. ご無沙汰しております。 市原です。 なかなか落ち着く時間が無く、更新もだいぶ滞っていまし…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る