• このエントリーをはてなブックマークに追加

image

スポともGCをご覧の皆様♩
おはようございます。
都内のとあるゴルフショップ店主です☆

お陰様で前回のグリップ交換に関する記事の評判が良かったようで嬉しい限りです♩
我々にとっては当たり前の事ですが、多くの方にとっては新鮮なようですね。
どちらかといえばマニアックな内容にしようかな??とも思ってたんですが、
最初のうちはかなりオーソドックスな内容でお楽しみ頂ければと思います。
数ヶ月後にはもう訳のわからない世界の話になってるかもしれませんが、
その頃には皆様もご理解頂けるようになってるかもしれません笑

さて、今回は世界のトレンドでもある軽硬アイアンシャフトを取り上げたいと思います。
世界的にも人気、認知度共に高く、日本でもどんどん使用率を伸ばしている日本シャフトさんのModus 3シリーズ♩
その中でも軽硬シャフトとして人気のTOUR 105☆
実際には軽いんですけど、手にした時にはちゃんと重さも感じられますし、
切り返しからダウンスイングにかけて手元からシッカリとタメを作れ、軽量とは思えない分厚いインパクト♩
チップ部もかなりハードヒットしても捻れることもないですし、振ってみるとやはり軽量シャフトらしい爽快感☆
軽硬と言ってもそんなに手ごわいシャフトでもありませんのでスペック次第で多くのゴルファーにお使い頂けると思います。

私のお店でも発売以来、ダントツの受注量となっております。

image

コレは5番〜PW用までが4セット分あります。
先ほど1セット分だけ選別しましたが当店では基本的に5セットずつ仕入れます。
ちなみに今発売されているアイアン用シャフトのほとんどが番手別に設計されています。
どういうことかと言いますと、当たり前のコトですが5番アイアンと8番アイアンって5番の方が長いですよね??
では使うシャフトはどうなんだ??というと5番用と8番用では元々の長さが違います。
ですが重さは一緒。
よほどネックの長さに違いがない限り、長さを合わせてカットする際には同じくらいカットしますからカット後の重量もほぼ同じ。
グリップ重量もほぼ同じなので仕上がり時にはヘッドウェイトプラスアルファの重量差になります。

この辺はまた今度、詳しく説明しますね。

image

で、仕入れたらまず重量を計測から。
5番用〜PW用までを5セットですから30本ですね。
私のようなお店の扱ってるヘッドは重量誤差も少ないモノが多いですからシャフトもそれに合わせないと意味ないので。。。

image

先ほどの画像は105.8gでこれが107.2g。
差が1.4gですが皆さんはあまり気にしなくて良いですよ笑
ただ、我々は高額な工賃を頂いておりますので気にしないとなりませんけど。
で、5セット仕入れると大体2セットは誤差0.2g以内で選別出来ます。
これは日本シャフトさんだけと言ってもいいですが。。。
それ以外で0.5〜0.7g以内が選別出来て、もう少し誤差の出たものは次回入荷まで保管してまた合わせるか、
ヘッド重量誤差の大きいセット時に使ったりします。
我々のようなショップですと誤差も上手く使えますし、ある程度の誤差がないと我々もちょっと大変だったりします笑

image

という話をすると数字だけ合ってればそれだけで良いのか??と思われがちですが。。。
クラブを組み付ける上で何が1番大切か分かりますか??
バランス合わせ??
違います。
真っ直ぐに入れる!!
コレが1番大切で1番難しい事です。
まずここがシッカリしていないと何を言っても始まりません。
真っ直ぐがあってこそのロフト、ライ調整ですし、それからのグリップ向きだったりしますので。

これに関してもまた詳しく書きますね。

今回はこれにて。

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. ダンロップフェニックス同週にヨーロピアンツアーのチャンピオンの中のチャンピオン決…
  2. おはようございます、シンです(^_^*) 実は皆様に報告があります。 …
  3. みなさんこんにちは😃 今週のTOTOジャパンクラシック…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る