初出場初優勝目指した、JT日本シリーズでした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京よみうりは最終日バックナインからが、勝負だと思います。

8番ショート、9番ミドル、10番ミドルの難関3ホールを静かに±0で行き、そして流れが来て、17番のロングでバーディーかイーグル、そして最難関の最終18番のショートを迎えるが理想の展開です。

野球と一緒で、先発、中継ぎ、抑え、このキチンとした役割が出来ている時は勝ちパターンでしょうし、筋書きのないスポーツですから上手くいく時ばかりでないからこそ、その時に応じた対応は大事ですが、やはり基本の鳥瞰図の様な鳥の目線からのマネージメントは必須だと思うんです。

堀川プロ、最終日17番ロング、2メートルぐらいだったでしょうか?

バーディーパット、入れたら−9で単独首位で最難関の最終18番のショートを迎えれましたが、2メートルのスライスライン外し−8で最終18番を迎えました。

結果は皆さま、ご存知の通りだと思うので、あえて書きませんが、横にいて思うのが、未来夢プロは優勝逃しましたが最後まで逃げずにビビる事なく戦った!

という事実です。

当然色々な意味もあり、私も沢山の経験積ませて頂き重々承知しています。

未来夢プロは、蛮勇と勇気は違うと思います。

未来夢プロは勇気持ち初出場のJT日本シリーズを4日間戦いました。

コースには、JT日本シリーズ出場選手の今大会における目標が書いてあるボードがありました。

未来夢プロは

「初出場初優勝」

でした。陳腐な表現ですが、何故優勝出来なかったか?を選手自身が1番分かり、次への糧にしています。

未来夢プロの1番の武器は、どんな時でも強烈なポジティブさ、堂々と胸張り上向き歩き続ける姿勢です。

未来夢が友人の大西ライオンさんの言葉ではありませんが

心配ないさ〜‼️

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
清水 重憲(しみず しげのり)

清水 重憲(しみず しげのり)プロキャディー

投稿記事一覧

1974年7月10日生まれ。近畿大学ゴルフ部出身。
1998年に田中秀道プロのキャディーを務め、日本オープンなど年間6勝をあげる。2007年には谷口徹プロ・上田桃子プロキャディーで男女ツアー両賞金王キャディーになる。
2019年度は男子ツアーでは堀川未来夢プロ、女子ツアーでは新垣比菜プロとメインでコンビを組む。
通算36勝

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

スコアカード

ピックアップ記事

  1. 年も明けて1月も終わりかかった今頃‥ ゴルフ場のコース管理は今が1番気が落ち着ける時期です。 …
  2. クミちゃんとノリさんの写真をですが2019年キャディーの予定は現在ありません^^; クミちゃん…
  3. 昨日に続き、昨年まで松山英樹選手と世界を舞台に戦ってきた大ちゃんの言葉です。 バーディとったあ…
スコアカード
ホームへ戻る 前の画面へ戻る