日本一の飛ばさせ屋は誰だ?第2回 飛距離アップレッスン日本一決定戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

日本プロドラコン協会(JPDA)です。

先週末の10月6日から8日までの3日間で、誰が日本で一番飛距離アップレッスンを行うことができるのかを競う『第2回 飛距離アップレッスン日本一決定戦』を、三豊ゴルフクラブ様(鹿児島県・南九州市)にて開催しました!

三豊ゴルフクラブ様は、会場のご提供や開催前日には台風25号の影響で強い雨・風が吹く中、会場の芝刈りなど行っていただくなど、最高のコンディションを準備していただきました。

お陰様で最高の環境の中で開催をすることができました!

プロ1名に対して、3名の公募したアマチュアゴルファーの方が生徒として、初日のレッスン前の飛距離(ビフォー)と2日目のレッスン規定時間を終えたレッスン後の飛距離(アフター)がどれだけ伸びたのかを、チーム内上位2名の平均飛距離によって競われました!

※3日目の最終日は、レッスンをしたチームでプロアマゴルフを行なったので、レッスンを行うことができたのは、実質1日目と2日目の2日間となります。

レッスンを受ける前の本当の飛距離を把握して、飛距離アップレッスンを受け、どれだけ飛距離が伸びているのかを知ることができるので、1球1球真剣にレッスンを行い、アフターの計測で飛距離が伸びていたら、先生と生徒のチーム内で、自然とハイタッチなどが生まれるなど、飛距離が伸びたことに喜んでいただきました!

それぞれのレッスンプロによって、明確な目的やそれぞれの練習方法であったり、レッスンプロによるギアの選定であったり…飛距離を伸ばすために必要な全ての要素を含めて飛距離アップを追求をしていました!

※試打クラブはなんと約50本もありました!

『第2回 飛距離アップレッスン日本一決定戦』の結果は、

第3位は李 朋子プロ

飛距離アップ 平均37ヤード

第2位は松谷 伸次プロ

飛距離アップ 平均38.5ヤード

優勝したのは小林 史プロ

飛距離アップ 平均40.5ヤード!

小林プロは、2日間のレッスンで平均40.5ヤードの飛距離をアップさせ、1番飛距離が伸びた方は49ヤードアップでした!

もし、約40ヤードの飛距離が変わったら、飛距離アップはゴルフのパーオン率始め、ゴルフが楽になることが簡単にイメージがつきやすいと思います!

例えば、400ヤードのコースを、男性の平均をとって、ドライバーで約230ヤード、7番アイアンで約130ヤードの場合、

ティーショットで230ヤード、残りの距離は170ヤードを打つセカンドショットでは、5番ウッドやユーティリティを持って、グリーンを狙うと思います。

もし、40ヤードを伸びた場合、

ティーショットで270ヤード、残りの距離は130ヤードを打つ場合、セカンドショットは9番アイアンやピッチングウェッジを持ってグリーンを狙うように変わります!

ドライバーの飛距離が変われば、もちろん、ウッドやアイアンなど他のクラブでのショットの飛距離も変わります!

同じ7番アイアンを持ったとしても、130ヤードだったのが、ヘッドスピードが上がって150〜160ヤード前後の飛距離を手にすることができます!

また、今回の企画は、黒田カントリークラブさんの突撃取材や、株式会社Real Style様・ゴルフ用品界様による取材もあり、また、後日にイベント内容の記事や動画が掲載される予定です!

今回の『飛距離アップレッスン日本一決定戦』で優勝した小林プロ、第3位の李プロがJPDA 飛距離アップメソッドを元に、2019年1月から始まる「ヘッドスピードレッスン 西葛西校」を講師として担当して開校をします!

飛距離(ヘッドスピード)を伸ばしたい!と考えている方はこの機会に受講し、ヘッドスピードをあげて、飛距離を伸ばしましょう!

【ヘッドスピードレッスン 東京・西葛西校】

https://prodracon.com/event/tokyo-nishikasai1901/

 

《第2回 飛距離アップレッスン日本一決定戦 ご協力企業様》

会場:三豊ゴルフクラブ

http://mitsutoyogolf.com/

共催・取材:株式会社 Real Style

http://real-style.co.jp/

取材:ゴルフ用品界

https://www.gew.co.jp/

クラブ提供:株式会社プロツアー・スポーツ クラブステーション

https://rental.club-station.com/

クラブ提供:株式会社 マスターズ

http://www.mastersgolf.co.jp/

クラブ提供:株式会社 ニューアート・クレイジー

https://www.crazy-shaft.com/

クラブ提供:エスティバンゴルフ株式会社

https://estivant.golf/

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JPDA
一般社団法人日本プロドラコン協会

一般社団法人日本プロドラコン協会

投稿記事一覧

一般社団法人日本プロドラコン協会(JPDA)は、アマチュアゴルファーに飛距離を還元するための活動を行っております。

主に、ドラコンツアープロの認定、プロコーチの育成・認定、ヘッドスピードトレーナーの認定、ディスタンスボディトレーナーの認定を行い、プロドラコンツアー、並びにプロアマスクランブルゴルフ(チャリティーマッチ)の企画・運営や、飛距離アップセミナー・レッスン・イベントの企画・運営をしています。

また、飛距離を還元するためのゴルフ用品の製造・販売も手がけています。

飛距離に関するあらゆる可能性を探究し、アマチュアゴルファーへ飛距離を還元していく協会です。

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

スコアカード

ピックアップ記事

  1. 年も明けて1月も終わりかかった今頃‥ ゴルフ場のコース管理は今が1番気が落ち着ける時期です。 …
  2. クミちゃんとノリさんの写真をですが2019年キャディーの予定は現在ありません^^; クミちゃん…
  3. 昨日に続き、昨年まで松山英樹選手と世界を舞台に戦ってきた大ちゃんの言葉です。 バーディとったあ…
スコアカード
ホームへ戻る 前の画面へ戻る