全英オープン・事前情報編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、臼井です。

13日から市原弘大プロご一行で翌週開催の全英オープンに向けて羽田空港から出発致します!

宍戸ヒルズのツアー選手権では試合当日入りのぶっつけ本番で試合に挑みましたが、今回は真逆のパターンでちょっと早めに現地に入り、入念な準備作業にあたります!(笑)

(日本とスコットランドでは天候から芝質、試合の雰囲気まで全く違うので…)

2年前に行ったロイヤルトゥルーンはスコットランドの西海岸でしたが、今回のカーヌスティは東海岸。

降り立つ空港もグラスゴーからエディンバラとなります。

今回全英オープンが開催される「カーヌスティ・ゴルフリンクス」は1850年に開場し、これまでに全英オープンは7回開催され、前回の開催は2007年でした。

1999年の「バンデベルデの悲劇」はあまりにも有名で、18番499yパー4は左がOB、途中に「バリー・バーン」と呼ばれる小川が流れていてこのホールの難易度がすごく高いことで有名です。

最終日18番で3打リードしていたバンデベルデはバリー・バーンにつかまりまさかのトリプルボギー、

プレーオフでポール・ローリーに敗れた悲劇のコースとして語り継がれております。

全英オープンは荒れた天候を想定してコースセッティングを行っているので、風が穏やかな時はコースの難易度はかなり下がりますが、カーヌスティは天気が良くてもめちゃくちゃ難しいらしいです…

結局は現地に行ってみないと分からないですが、難しすぎたとしてもそれもまた楽しみです!

前回は早めに現地に行ったのに乗り換えのヒースロー(ロンドン)でロストバゲージの洗礼を浴びたので、(市原弘大プロのキャディバッグだけw)

今回は無事エディンバラまで荷物が届きますように!!(笑)

では、また。

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
臼井 泰仁(うすい やすひと)

臼井 泰仁(うすい やすひと)プロキャディー

投稿記事一覧

1984年8月14日生まれ。
宮城県石巻市出身、早稲田大学政経学部卒業後、ツアーキャディーの道へ。
2016年にキャディ業から身を引くまでにツアー2勝、全英オープン2度出場した。
2018年に会社の有給を使って市原弘大プロの初優勝に貢献。
ゴルフ界から足を洗ってもゴルフに対する情熱は冷めることはない。

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

スコアカード

ピックアップ記事

  1. 年も明けて1月も終わりかかった今頃‥ ゴルフ場のコース管理は今が1番気が落ち着ける時期です。 …
  2. クミちゃんとノリさんの写真をですが2019年キャディーの予定は現在ありません^^; クミちゃん…
  3. 昨日に続き、昨年まで松山英樹選手と世界を舞台に戦ってきた大ちゃんの言葉です。 バーディとったあ…
スコアカード
ホームへ戻る 前の画面へ戻る