「私をスキーに連れてって」伝説のサロット復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

トーナメントキャディは、シーズン働けても3月~11月の9ヶ月

それ以外は各自いろいろな仕事をしてシーズンをつないでいる

私の場合はスキーインストラクターをしているが、そのスキーにのめり込ましてくれた映画

「私をスキーに連れてって!」

私のスキーバイブルでもある。

そこに登場している伝説のスキーヤー「海和俊宏」

世界一にもっとも近かった男と言われている

私は冬の間そこでスキーのインストラクター業のお手伝いを時々させてもらっている

最近の海和さんのオススメは、アトミックの軽量化されたブーツである

とにかく持ち運びが便利な上に、いい強度があり、フォーミングできるためにあたるところがないらしい

すっかり海和さんも快適性重視

そんな海和さんも私にとってはスキー界のスター

しかも「私をスキーに連れてって」のワンシーンにでている

私の友人が海和さんのところにお手伝いに行っていることを知り、ある掘り出し物を買ってきてくれた

「私をスキーに連れてって」の今は再生できるかわからないレーザーディスク!

嬉しくて図々しくも海和さんにサインをしてもらった!

その「私をスキーに連れてって」が30周年をむかえ、ひそかにまたある人物によって動きだしている

SALLOT SNOW FESTIVAL

憧れの志賀~万座ルート

私は今、そのルートのスタート地点、横手山の麓の「志賀パレスホテル」でお世話になっている

いつかは伝説のサロットを履き、志賀万座ルートを滑ってみたい

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺 宏之(わたなべ ひろゆき)

渡辺 宏之(わたなべ ひろゆき)プロキャディー

投稿記事一覧

1971年6月21日生まれ。神奈川県出身。
東洋大学を卒業後、スキーのインストラクターをしながら小中学の同級生、久保谷健一がプロになったことでツアーキャディーに。
2002年に久保谷プロの2週連続優勝のあと、2003年USツアーに本格参戦。2004年から倉本プロのキャディーを務め、2006年から07年はチャンピオンズツアーに参戦。女子ツアーでは服部道子プロ、古閑美保プロ、諸見里しのぶプロのキャディーを務め、優勝に貢献。
2010年、14年ではシニア賞金王・倉本プロの専属キャディーを務める。
2012、15年度には、I・J・ジャンプロのキャディーを務め、中日クラウンズで二度の優勝

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. ムースヒルズバーガーの都市伝説が伝説に‼︎ 以前、小岸キャディーの記事でも紹介されたよ…
  2. 星野陸也プロ 初優勝&完全優勝&コースレコード更新 フジサンケイクラシッ…
  3. ご無沙汰しております。 市原です。 なかなか落ち着く時間が無く、更新もだいぶ滞っていまし…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る