忍者'S eye -ISPSハンダグローバルカップ-「上位進出の重要なカギとなる、注目の3ホールとは!?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、臼井です(^^)
今週は矢野東プロのキャディをさせていただきます!
今週の男子ツアーは新規開催のISPSハンダグローバルカップです。
I.ポールターやC.シュワーツェル等、多くの世界ランカーが集い、注目を集める試合となりそうです。

68887

会場は山梨県北杜市のヴィンテージGC。
設定が6774yのPar71で、男子ツアーでは距離が短く、ハイスコアの試合になると予想されますが、ヴィンテージGCはコース内のアップダウンがとても激しく(歩くのがとても大変です・・・)、標高がおよそ750Mのため球が通常よりも飛ぶので、タテの距離の精度が上位進出の重要なカギとなると思われます。

特に注目なのが、7番、14番、17番の3つのショートホールです。
いずれも30M近くの打ち下ろしで見晴らしはとても良いのですが、タテとヨコの両方の精度がいつも以上に要求される難ホールです。

↓7番208y、Par3

68891

↓14番206y、Par3
68893

↓17番242y、Par3

68895

特に14番はグリーンが受けグリーンではなく、左から右への傾斜で、風が夏場の時期だと左からの横風のため、グリーンを狙うには出球を左から出したいのに左には大きい木が・・・木に当たってしまう選手が続出しそうで、フェード系の球筋の選手は大変だと思います。

また、17番も距離があるのにグリーンが奥に傾斜しているため、グリーンに球を止めるのが非常に難しくなっています。寄せワンでパーをとるマネージメントをしなくてはなりません。

新規開催ということもあり、どのような感じの試合になるかがいつも以上に予測しにくい部分はありますが、それでもキャディとしてやる事は基本的に変わりません。

新規開催のトーナメントを盛り上げていきたいと思います!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
臼井 泰仁(うすい やすひと)

臼井 泰仁(うすい やすひと)プロキャディー

投稿記事一覧

1984年8月14日生まれ。
宮城県石巻市出身、早稲田大学政経学部卒業後、ツアーキャディーの道へ。
2016年にキャディ業から身を引くまでにツアー2勝、全英オープン2度出場した。
2018年に会社の有給を使って市原弘大プロの初優勝に貢献。
ゴルフ界から足を洗ってもゴルフに対する情熱は冷めることはない。

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. ムースヒルズバーガーの都市伝説が伝説に‼︎ 以前、小岸キャディーの記事でも紹介されたよ…
  2. 星野陸也プロ 初優勝&完全優勝&コースレコード更新 フジサンケイクラシッ…
  3. ご無沙汰しております。 市原です。 なかなか落ち着く時間が無く、更新もだいぶ滞っていまし…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る