沖縄の巨大建造物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

沖縄といえば、「沖縄タイム」という言葉があるように、ゆっくりした時間が流れる

スペインにある建築中なのに世界遺産に指定されている「サグラダファミリア」の芸術的建造物
見に行ったことはあるが、完成には百年以上もかかると言われている
それも当たり前!
近くで見ていたら、確かに細かい作業ではあるが、作業している人が少ないし、遅い!
しかもすぐ休憩!
建物の老朽化も始まっている

工事現場の足元では子供や老人がボール遊び。

こんなの物造り日本の職人が集まったら数年で出来上がるだろー!っと思いながら、そこに何時間も居たことを思い出す

それに比較する訳ではないが、沖縄のハイセンスな巨大建造物

公園に巨大な魚のしっぽがあるかと思いきや、前からみると魚の頭と繋がっている!

クジラ?

しかもそこの中には、滑り台がある

分かりにくいがアスレチックもある

巨大すぎて写真に入らない。
天井を見ると照明設備まである
こんなところで遊びたい

その公園の端には、なぜか巨大なカニの建造物

ガンダムのビグザムを思わせる圧倒的な威圧感

その下にはテーブルとイス

下で雨宿りをしていると、なぜかおとぎ話の世界にいるような感覚になる

小人の私を雨から守ってくれているようだ!

カニの足に滴る雨も、カニのダシに見えてくる
いや、真上の甲羅からカニ味噌が垂れてきそうだ

この巨大建造物
誰がいつ、どのくらいの時間がかかったか知りたい

世界に誇れる建造物だ

この私が「日本遺産に指定」いたします

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺 宏之(わたなべ ひろゆき)

渡辺 宏之(わたなべ ひろゆき)プロキャディー

投稿記事一覧

1971年6月21日生まれ。神奈川県出身。
東洋大学を卒業後、スキーのインストラクターをしながら小中学の同級生、久保谷健一がプロになったことでツアーキャディーに。
2002年に久保谷プロの2週連続優勝のあと、2003年USツアーに本格参戦。2004年から倉本プロのキャディーを務め、2006年から07年はチャンピオンズツアーに参戦。女子ツアーでは服部道子プロ、古閑美保プロ、諸見里しのぶプロのキャディーを務め、優勝に貢献。
2010年、14年ではシニア賞金王・倉本プロの専属キャディーを務める。
2012、15年度には、I・J・ジャンプロのキャディーを務め、中日クラウンズで二度の優勝

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. 2018/12/2

    今季終了。
    11月30日、女子のファイナルQT最終日で今季の私のキャディー業務が終了しました。他のキャディーの記…
  2. ご無沙汰しております。臼井です。 2018年も残り1ヶ月となりました。 最近びっくりした…
  3. 今週、私は男子、女子ツアーとも休みです。 一昨日からの続きですが、先週私は茨城県江戸崎CCで開…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る