漫湖 湿地帯に行ってきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

開幕戦のダイキンオーキッドレディース時の宿泊先は那覇市内のホテルでした。

レンタカーで毎日コースへ向かうのですが、その時通るのが、漫湖でした。

近代的な高層ビルやマンションも建ち並ぶ旭橋、明治橋から入っていき、窓を開けると微かに潮の香り・・・

広大な漫湖を縦に貫く、一本の橋を渡る毎日でした。

豊かな水と、マングローブ林、ラムサール条約にも批准された貴重な自然残す場所の漫湖

私は各国、国内でもやはり色々な場所に行きたい見たい感じたい

川村昌弘プロキャディで連れて行って貰ったスイス オメガ マスターズ??

あんな美しい街並み✨忘れられません

コースでは澄み渡る空、アルプス山脈を正面に見るコース内のベンチで老夫婦が仲良く座っていました。感動して

「ハーイ?」

と挨拶したら、ガン無視されて、ショック受けたのを覚えてます(笑)

ロシアオープン時には、モスクワ赤の広場でコサックダンス連発して周りのロシア人から冷たい視線浴びた夕方?

色々な場所での思い出あります。そして前から行きたかった漫湖 湿地帯(MANKO wetland)

都会に残る数少ない大きな干潟で、沢山の貴重な動植物が生息する場所

干潟に設置された木製歩道を歩いていくと、マングローブ林が・・・

マングローブって、木の名前と思っていたのですが、メヒルギなどの植物が繁茂する総称をマングローブって呼ぶんですね、初めて知りました?

そしてそのマングローブは那覇市に3箇所ありまして、それをミッツマングローブと呼びます(ウソです)

マレーシアやシンガポールに行った時を思い出しました。

沢山の生命育み大自然残る干潟、潮の香りする漫湖の向こうには高く、そびえ立つマンションと、漫湖を横断する一本の筋

自然と文明の調和

都会のオアシスでした、漫湖は・・・

 

 

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小岸 秀行(おぎし ひでゆき)

小岸 秀行(おぎし ひでゆき)プロキャディー

投稿記事一覧

1973年11月8日生まれ。立命館大学経営学部中退。
1995年福澤義光プロのキャディーをきっかけに、ツアーキャディの道へ。過去に岡本綾子プロ、星野英正プロ、細川和彦プロなど、2008年から5年間矢野東プロと専属契約。2013年からは川村昌弘プロと専属契約し「パナソニックオープン」優勝。
2018年は主に女子ツアーメインで松森彩夏プロと契約。
通算6勝。

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. ムースヒルズバーガーの都市伝説が伝説に‼︎ 以前、小岸キャディーの記事でも紹介されたよ…
  2. 星野陸也プロ 初優勝&完全優勝&コースレコード更新 フジサンケイクラシッ…
  3. ご無沙汰しております。 市原です。 なかなか落ち着く時間が無く、更新もだいぶ滞っていまし…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る