立命館大学ゴルフ部 日本一への道のり~クラブを握ったあの日から~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

みなさん、こんにちは。

 

ゴルフ部広報の徳田です。

 

今日は、以前部員紹介中に掲載した写真の中で一際異彩を放っていた3回生の八十科(やそしな)君の特集をしたいと思います。

同じ回生の僕から見た、彼の印象

写真からわかるように一般人離れしたルックスと身長182cmの圧倒的スタイルに加え、所属する法学部では入学してから単位を落とさない秀才っぷり、大学から始めたゴルフではベストスコア75、天は二物を与えたとはこのこと、

経歴は?

この風貌からして都会生まれかと思いきや、北海道上ノ国町(本人も何もないと公認するほど田舎)の出身。幼少期から高校まで野球を続け、高校では緩急とスライダーを武器としたエースとしてチームを牽引。そんな高校時代は野球だけでなく、成績優秀者として奨学金をもらうほど。大学からは父親の勧めもあり。ゴルフ部へ入部。学部は法学部。

 

ゴルフのプレースタイルは?

ティーショットが安定しない日があるものの、優れたマネジメント能力と巧みなショートゲームでスコアを組み立てる。ピッチャーとして培ったボールをコントロールする能力は、ゴルフにおいても発揮され、好調時のアイアンショットのキレは目を見張るものがある。

ベストスコア75.持ち球はフェード。得意クラブは8アイアン。

容姿で他を圧倒?

関西学校対抗戦(1部リーグ戦)ではキャディを務め、選手の横にいるだけで心強い。他大学の多くの女子を虜にし、キャディとしているだけでも他選手を圧倒する。

 

見た目とのギャップ?

見た目とは裏腹に真面目で、特にゴルフに対する向上心は人一倍。現在幹部の役職は主務で、部活の運営が円滑にいくよう率先して動き重要な役割を担ってくれている。

 

本人からのコメント

個人特集の第1号、大変光栄に思います。

調子に乗った写真ばかりですみません(笑)

 

でもせっかくの機会なので、この場を借りて少し私自身のことやゴルフ部のことについて書かせていただきます!

 

まずはじめに、我が部の広報担当である徳田がとてもいい文章を書いてくれて、素直に嬉しいです!

 

しかし、ティーショットは曲がる日のほうが多いし、まだまだムラばかりの未熟者です(笑)

 

さて、ここから私自身のことについて話させていただきます。

 

近頃、就職活動を通じて「幸せって何だろう」ということを考えます。

 

いまの私には、明確な将来のビジョンや、やりたいことがありません。それが悩みでもあり、夢に向かって真っ直ぐ頑張っている人にとても憧れます。でも、漠然と、幸せな人生を送りたいなって思う。でも、それってどうやって掴むのだろうか。

 

就活は出会いや縁という言葉で表現されることが多いですが、社会人の方でも、それぞれ幸せの形は違っているように思います。

家庭の時間を何よりも大切にする方や、好きな仕事をすることに幸せを感じている方。高い給与に価値を見出す方や、会社のために尽くそうとする方。

 

どれも輝いているように見えます。

私が求めている幸せとは何なのか、私がこれまで野球やゴルフで学び得てきたことが活かせる生き方はどのようなものなのだろうか。

 

今後の就活の中で、最終的に私なりの幸せの形を見つけられたら良いなと思います。

 

少し個人的な悩みを語りすぎました(笑)

話をゴルフに戻します!

 

 

大学入学後、ゴルフというスポーツに出会い、新鮮なことばかりでした。

初スイングは空振り…

あの瞬間のことは忘れられません。

一回生の時はボールに当てるのがやっとで苦労しましたが、2年、3年と続けるにつれ、その奥深さの虜になっています。

 

以下、私なりに魅力について語ってみます(笑)

ゴルフは自然と共にあるスポーツです。同じコースでも、その日の気温や風をはじめとする気候で印象が大きく変わります。また、そこに1人で挑むことが特徴です。

私が高校までしてきた野球というスポーツは、いつも仲間がいました。みんなで1つの目標に向かっていく過程とそこで生まれる団結力こそがスポーツの魅力だと考えていました。しかし、ゴルフという個人スポーツの中で感じる魅力は、それとはまた違ったものでした。イメージした成功のビジョンを描くことができたとき、自然という到底抗うことができない相手に対して、少し優越感を感じてしまうのは、私だけでしょうか。

 

ともかく、このようにゴルフの魅力を体感することができるのは、ゴルフ部の活動のおかげです。

 

立命館大学体育会ゴルフ部においては、ゴルフの精神である「あるがまま」の姿勢と、「自分の有利に振る舞ってはならない」という素晴らしい教えをいただいたと思っています。

充実した環境のもと、初心者からプロ志望者まで、それぞれの目標に向かって取り組むことができます。部内の縦と横のつながりも強いと感じています。

 

ここまで長々とすみませんでした。

読んでいただいたみなさん、ありがとうございます。

今後もこの「すぽともGC通信」を通じて我が部の魅力をさらに発信していきたいと考えています。これからもよろしくお願いします。

 

次回の投稿は1月19日(金)です。

おたのしみに!

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
立命館大学ゴルフ部立命館大学ゴルフ部

立命館大学ゴルフ部立命館大学ゴルフ部立命館大学ゴルフ部

投稿記事一覧

立命館大学ゴルフ部
関西学生連盟男子一部リーグ、女子二部リーグ
現在、1回生から4回生までで56人の部員が所属。そのうち8割がゴルフ初心者

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. こんにちは、ノリです! 今日は皆さまに最新のお知らせを!と思います …
  2. 今回の合宿では1軒家を借りて朝はみんなで食事を作り、日中は練習やトレーニング、夜…
  3. シーズンイン前の選手皆さまの打ち込み、トレーニングetc 合宿もソロソロ本格化…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る