日本オープン優勝おめでとう‼️勇太よ、優多になったな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

勇太(池田勇太プロ)、日本オープン優勝おめでとう‼️

勇太も優多やな‼️

ズーッと見とったよ、雨の中の岐阜関な

行ったことないが、呑み仲間の鳥海が実況アナウンサーもしとるし、絡んでくるメンツええから面白ろかった

土曜の晩に鳥海と色々話しとったんやが素晴らしい試合になった

素晴らしい試合とは?

男子ならではの高い技術と食うか食われるかの真剣勝負よ

池田勇太と小平智

この2人は抜けとったな

勇太は柳腰、剛よりも柔

智は剛だな、アイツの勝負師の顔、向こう気の強さが顔に出とる、これをパワーという

勇太は着流し着ながら、プレッシャーやピンチを素知らぬ顔してすり抜けていきよる、これをテクニックという

最終ホールまでもつれたが、まずは最終18番のセカンドショットな

ティーショットは2発OB打っとるドライバーを持ちな、開き直って振り抜いたボールはフェアウェイど真ん中よ

しかし、そこからがアカンぞ

ピン行くか、最初からセンター狙うか、迷ったんか?

ノブ(湯原信光プロ)やったら、100%センター乗っけられたやろがな(笑)

あん時は、やはりズーッとコンビ組んどるキャディやなアカンよな

サニーなら、こう言うぞ

「勇太、ピンに差し込んで行ったれ!後はオレが責任持つ。」

てな。言うて、選手は大体、アッ!言うてセンター手前目に乗っけるんよ

右に押し出した最終セカンドショット、段言うから馬の背こして軽いフックラインか、8~ 10㍍あったか?

いやなパットぞ、それをOKに寄せてのウィニングパットやったな

勇太、根が優しい男やからな

ノンビリと着流し、柳腰でな

 

優勝おめでとう‼️

そして最終組のアマチュアの金谷君は、上手いよな

間違えなく将来表舞台に立つ顔しとる

ツラ構えは大事ぞ

ソフトバンクの内川選手か信人(佐藤信人プロ)彷彿さす勝負師ん顔よ

しかし、帽子は何じゃ?アミダにツバ折って、若者ん中で流行っとるんか

ツバが折れすぎて三角木馬みたいになっとるやないか

優勝争いして自分に足りない部分と、イケる!思うた部分あった思う

技術、パワー、メンタルはまだまだ若いからバンバン未知数に拡がるよ、大丈夫だ

勇太との差は1打やったが、勇太はプロとして、ツアー第一線で戦い結果を残してきた背負っての優勝や、智も届かなんだが最終ホールでドライバー持ったやろ

トップの勇太がスコア崩すん待つんやのうて、自分が攻めに行きスコア伸ばし優勝したる!思いやからよ

金谷君はプロてしての勇太との差を1打以上に感じた思う

しかし、君が表舞台に立つ時には自然に身に付いとるし無理して得られるもんでもない

大丈夫だ

そして、一昨年、一緒にラウンドさせてもうたんだが、上平栄道選手

身長158センチ、雨降る日本オープン最終日、色んな意味でパワー必要とされる状況やった思う

一発逆転シード権いうのも、スタート前から頭ん中に過ぎった思う

しかし、ジャン兄が、ネチッこいシブトイ上平選手のゴルフを評してマムシの様なゴルフだと以前発言しとったが、残り試合どうか知らんが、どのステージでもマムシでな、そして上平選手は笑顔ですよ、笑う門にはハッピーカムカム言うてな

間違えなく、マル(丸山茂樹プロ)と同じよ、究極の状況でも笑顔でな

うん、本当に素晴らしい試合でした

男子ツアーの面白さココにありよ

ほな、サウナ行ってくるわな

 

 

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
佐野木 一志(さのき かずし)

佐野木 一志(さのき かずし)プロキャディー

投稿記事一覧

1948.2.12生まれ。徳島県出身、愛媛県松山市在住。
1964年、選抜高校野球大会では徳島海南高校一塁手として全国大会優勝を果たす、
このエースでマウンドにいたのが尾崎将司・・・・

早稲田大学野球部時代は都の西北に美男子佐野木有り。
と言われたとか言われなかったとか

ジャンボ尾崎専属キャディーとして
通算32勝、賞金王・海外メジャーでも常に現場にいた。

ゴルフを愛する気持ち、熱い思いと現場に拘ってきた、

それこそが佐野木ズム。

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. みなさんこんにちは😃 今週のTOTOジャパンクラシック…
  2. こんにちは、プロゴルファーの小鯛竜也です。 ボクが小さい時から見ていて憧れてい…
  3. 前半の二日間で10マッチを行い、アメリカが7勝1敗2引き分けと圧倒的な強さを見せ…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る