• このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さま、ご無沙汰しております。

都内のとあるゴルフショップ店主です。

前回のパター再生の記事に関して想像以上の反響といいますか、「こんな事が出来るのか!!??」という驚きの声を頂戴しました。

我々にとっては当たり前なんですが、多くのゴルファーにとっては諦めなければならない事だったんでしょう。

なので調子に乗って今回もパターの記事にします。

 

こちらはゴールドファクトリーのプライベートストックNo.2という軟鉄、削り出しのパターです。

そこまで汚いわけではないですが使用感はそれなりにありますね。

フェースは錆が目立ちます。

元々、黒色酸化皮膜という仕上げでしたので普通に使ってたらこのように錆びてきます。

むしろ、かなり大事に使われてたはずです。

手入れの悪い方ですと、、、、錆だらけで触る気にもならない状態になってしまいます(T_T)

この辺は多少の当たり傷と錆です。

これも。。。どうにかしたいですね。

トップブレードにも当たり傷が。

パターカバーを付けてればなかなか付かないんですが、たまーーーーーにキャディさんにヤられちゃう事もあったり汗

 

で、このままでは可哀想だし、気分一新して使いたい!!とのご要望でしたので、その予想を上回る仕上がりにしました♩

 

じゃん☆

傷や錆は研磨やブラストで綺麗にして新品状態に戻しました。

で、仕上げをカッパーメッキに♩

全くの別物のようですよねー\(^o^)/

フェース面も綺麗に☆

と、ただのカッパーメッキではなく、企業秘密の加工で黒ずんだ感じにしてます。

10円玉を想像して頂ければお分かり頂けるかと。

シュリンク取れば良かったですね汗

この辺りも新品に戻ってます。

ちなみに、研磨したからといって5gも10gも軽くなることはありません。

よほどの事がない限り1g程度のダウンで綺麗に出来ると思います。

トップブレードも全く傷はありませんね。

そして、誰が見ても研磨したとは思えない仕上がりです。

 

ここまでくると、新しいパターを買ったという感じでしょうか。

金額は研磨とメッキで税別33,000円です。

これを高いと思うか安いと思うかは価値観次第ですね。

1万円のパターだったら当然高いと思うでしょうけど、10万円のパターだったり、もう手に入らないモノ、お父上の形見などでしたら。。。それが新品になるのでしたら安いもんでしょう。

 

今後はもっと大作?をご紹介させて頂きますが、ご覧頂いてる皆様の価値観を変えてしまうかもしれませんので。。。ご注意ください笑

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. みなさんこんにちは😃 今週のTOTOジャパンクラシック…
  2. こんにちは、プロゴルファーの小鯛竜也です。 ボクが小さい時から見ていて憧れてい…
  3. 前半の二日間で10マッチを行い、アメリカが7勝1敗2引き分けと圧倒的な強さを見せ…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る