トップ杯東海クラシック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今週の男子ツアーはトップ杯東海クラシックです。

コースは三好カントリー倶楽部。

この難攻不落のコースの前半の3ホールを見てみましょう。

 

No.1 425ヤード PAR4

1

フォローの風や飛距離の出る選手がフェアウェイを捕らえれば、短いクラブでピンを狙えます。

しかしアゲンストの風が吹いたり、ラフへ行ってしまうとグリーンのアンジュレーションがあるので難しくなります。

ちなみに右バンカーの手前のラフは

2

意外と長いです。

3

その前のバンカーのアゴは高くないので、バンカーのほうが易しいでしょう。

距離も長くないホールですから無難にスタートしたいですね。

 

No.2 555ヤード PAR5

4 5

ティーショット次第でスコアが大きく変わります。
フェアウェイ左サイドがベストポジション。

左の先のバンカーもアングルは悪くはありません。

6

ただ右ラフへ行ってしまうと、刻むのも難しくなります。

7

右サイドのフェアウェイでも難しくなりそうですね。
左右でこれだけ違いますのでティーショットがとても大切です。
バーディーが欲しいホールですが、ボギー、ダブルボギーを打たずに通過したいホールです。

 

No.3 450ヤード PAR4

8

どこへ打っていけば良いのでしょう!?
落とし所が見えないホールです。

どの方向へティーショットするかで使用クラブが変わってきます。
左の林ギリギリの方向へ打っていかないと、フェアウェイに行きません。

そこまで左を向けない選手は、フェアウェイウッドでティーショットをすることになりそうです。

少し左に行ってしまうと林に入る可能性があり

9

少し右へ行ってしまうと傾斜のある右ラフ

10

前の木々も邪魔をしそうです。
どちらもそこからグリーンを狙わないといけないので、フェアウェイキープが大切になります。

ちなみにグリーン奥は

11

このように刈り込まれているので、ピン位置によっては注意しないといけません。

昨年のホール別のスコアを見ると、1番ホールからのこの3ホールは比較的易しいホールとなっています。

この3ホールで流れを作って、難攻不落のコースを攻略したいですね。

 

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関根 淳(せきね あつし)

関根 淳(せきね あつし)プロキャディー

投稿記事一覧

1975年5月24日生まれ。日本大学卒業。通算2勝。
空気のような存在で居たい。終わってみれば『そう言えばいたなぁ〜』と言われるぐらいの存在で居たい。
しかしクールの中にも煮えたぎる熱き思いが、スポともGC通信で爆発するかも、、、
2010年からは丸山茂樹プロ専属キャディーを務め、2015年からは山下和宏プロ専属キャディーとしてツアー参戦する。
ツアーキャディー仲間でも有名な理論家・一言居士。

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. 大阪北部で震度6弱の地震が起きました。僕はニチレイ終わり、アースモンダミンも千葉…
  2. サントリーレディース週は三宮宿泊でした。 自宅からも余裕で通えますが、妻に…
  3. こんにちは、キャディの新岡です^o^ 今週のサントリーレディースは、上田桃…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る