「ダンロップ スリクソン 福島オープン」を終えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大地を溶かす灼熱の暑さ、太陽見守る日曜日18番ホールで笑顔と祝福の嵐に包まれたのは、
微笑みの国タイの英雄、プラヤド・マークセン選手でした。
49歳を迎えた今もバリバリの飛距離と、キレまくるショットの切れ味・・・

「あまり俺の近くに寄らない方がいいぜ!俺のショットでケガするぜ!」

と、言ったとか言わなかったとか(笑)

グリーンは止まり、総距離も長くないためウェッジやショートアイアンでのセカンドショットが多く、
バーディ合戦になってしまいましたが、展開としたら面白かったと思います。

個人的に思うのが、
小樽や古賀、鷹の台、ゴールデンバレー、フェニックス、東広野、城陽などの難コースでの大会も良し、
今回やジャパンメモリアルなどのバーディ合戦大会も良し。

―その心は?
世界基準で考えたら当然前者。
しかし、スコアが17とか18まで来ると頭打ち、突き抜けるところまで突き抜けられない日本人選手が多いと思うんです。
和を以って貴しとなす精神からではないでしょうが、行ける所まで行ったらんかい〜!20でも25アンダーでも、ガンガン行ったらんかい〜!

全盛期の横山やすしさん的な魂&降臨さすシチュエーション、必ず必要やと思うんです。
そう言う意味では後者の大会にも意味がある。

話は変わります。

私、昨年から個人的に大注目なんです。この福島オープン。S__14876679
今回、松山英樹プロ参戦!
漢気溢れる松山英樹プロをひと目見ようと沢山のギャラリーの方にご来場頂きました。

それとはまた別に、昨年から注目していることが・・・
①充実したフードコート
②お祭り的な雰囲気
③スタッフ関係者の『おもい』
です。

①フードコートの充実・・・食事面ですね。大事ですよ、これ。
S__14876684
食いしん坊の私、このカレーのクォリティに驚き、言ってしまいました。
「上手さと美味さの共演や〜!」
スパイシーの辛さと、日本ならではのダシ文化の融合ですね、日印友好条約締結されました。

あとですね〜、ダンロップのプロ担当・K女史のお勧めは、こちら!

S__14876687

S__14876688

初出店となる「王王楼」の焼売。
若干大ぶりの焼売、一つK女史から頂戴しましたが・・・
柔らかく舌上でホロホロ崩れ落ちる豚肉と染み出す肉汁、焼売=固いの概念ぶち壊す、王王楼の焼売。

ひと口噛み、二口噛むと肉汁と、トゥルントゥルンの皮とが相重なりなんとも言えないharmony♪
井上陽水と玉置浩二が降臨しました、ここ白河に。
S__14876690
朝から、たまらない香りがするなぁ〜・・・その正体は!?
S__14876692
やきとり「かぎや」
朝食を食べたばかりなのに、胃袋反応させたニクいヤツ!カシラ3本食べました。
美味しかった!
S__14876694
カキ氷や海鮮焼きそばなどもありました。
やっぱり胃袋でお客様のハートをキャッチするのは絶対大事!痛感しましたね(^^)
S__14876696

そして次に、②お祭り的な雰囲気。

例えば井上透プロコーチが常駐して、自分のスイングを分析解析し教えてくれる。

ギャラリーでいらした方々はナント無料!

これ、ヤラシイ話ですが…

普通、井上コーチにお願いしたらかなりの金額になりますよ、本当に(笑)

正直、私が仕事忘れて見て頂きたかったですよ、本当に(涙)
S__14876698
井上コーチ、素晴らしかったです!

いくらプロコーチと言えども、見ず知らずの方々に時間も忘れ、汗をかきかき熱心にレッスン。

井上コーチも笑顔、レッスン受けたアマチュアの方々も笑顔でした(^^)

その繋がりがゴルフの素晴らしさで、ゴルフトーナメントの在るべき姿かも知れませんね。
S__14876701
トーナメント会場ではお馴染みのクラブバスですね。
中にはグリップ交換や、バンス削ったり、クラブチューニング出来る一大工房がありました。
S__14876703
昨年の春先頃にプロの間から広まり、自分の身体を大事にする方々には絶大な支持を得る「セブゴルフ」が販売されており、沢山のお客様が購入していました。

そして少しお時間を頂いて、ヴィクトリアゴルフの社員の方にお話をお伺いさせて頂きました。
S__14876706

 

左が話をお伺いしたヴィクトリアゴルフ 宇都宮細谷店の須藤さんです。

小岸「普段、店舗でお客様に販売されるのと、このようなトーナメント会場で販売される上での大きな違いはどこでしょうか?」

須藤さん「やはり通常我々の店舗では、お客様がいらした段階で何かを購入するために来店される。しかしトーナメント会場では、トーナメントを見るために来られている。この目的意識の順序が一番違いますね。しかし、そこで『このような商品もありますよ』『この商品はこうですよ』と、知って頂く。トーナメント会場ならではの、新しいお客様との一期一会。私も非常に刺激を受けますし、勉強になります!」

小岸「素晴らしいですね。お忙しい中ありがとうございました!」

 

そして最後に、③スタッフ関係者の『おもい』

これはですね、
主催者や裏方、全ての大会関係者が熱い『思い』で、各自の夢と『想い』を託し、開催実現となったトーナメントは非常に『重い』

と言うことなんです。

少し前に、浜松市で『とおとうみ浜松オープン』が開催されました。

地元経済界・商工会議所の方々、ゴルフ関係者、地元ボランティアスタッフ、地元飲食店など多くの方々が業種の枠越え、開催実現となった大会でした。

私は20年のツアー生活で、一番素晴らしく、『今後の日本でのトーナメント開催のモデルになる大会だ!』と思っています。

沢山の方々が年齢、性別、役職関係なく汗を流し、涙し、頭を下げ、

『トーナメントって素晴らしいもんなんです!』

との伝道師となり、小さな力が積み重なり、熱い想いが人の魂を動かし、大会開催に至る。

まさにダンロップ スリクソン福島オープンにも同じものを感じました。

賞金は通常トーナメントの半分です。

しかし、そんなの関係ありません。

松山英樹プロが何故出場したか?

そこにも、起因するものがあると思います。

本当に素晴らしい大会でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小岸 秀行(おぎし ひでゆき)

小岸 秀行(おぎし ひでゆき)プロキャディー

投稿記事一覧

1973年11月8日生まれ。立命館大学経営学部中退。
1995年福澤義光プロのキャディーをきっかけに、ツアーキャディの道へ。過去に岡本綾子プロ、星野英正プロ、細川和彦プロなど、2008年から5年間矢野東プロと専属契約。2013年からは川村昌弘プロと専属契約し「パナソニックオープン」優勝。
2018年は主に女子ツアーメインで松森彩夏プロと契約。
通算6勝。

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. お久しぶりです。 キャディーの佐藤です。 いよいよ国内男子ツ…
  2. 東建ホームメイトカップ、始まっております。 石川遼プロも地区オープンではあ…
  3. おはようございます、スポともGC通信サポートセンターです。 いつもご愛読頂…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る