ネスレマッチプレー最終日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ネスレマッチプレーは最終日に進む4名が決定しました。
それでは準決勝に進んだ4名の選手を見てみましょう。

時松隆光-小田孔明
7月1日下部ツアーのチャレンジツアーで優勝し、先週の福島オープンでツアー初優勝した時松プロ。
今週も1回戦からディフェンディングチャンピオンの武藤プロ、歴代賞金王の藤田プロ、谷口プロとビッグネームを次々破り勝ち上がってきました。
昨日は34ホール戦い、後半疲れが来たと話していましたが、このままの勢いでこれまた賞金王の小田孔明プロを倒すのか!?
対する小田孔明プロは先週の福島オープンで今期初のトップ10に入り、調子を上げてきています。2014年の賞金王としてのプライドで時松プロを抑えて決勝に進むのか!?
面白い一戦となりそうです❗

小平智-小田龍一
13年にゴルフツアー選手権でツアー初優勝をして以来、毎年勝利している小平プロ。アメリカツアーのQスクール挑戦など海外志向が強い選手ですから、今大会のキャッチコピー“勝者よ、世界への扉を開け。”の通り今大会に勝利して海外へ挑戦したいのではないでしょうか!?
対するネスレのキャディーバッグを使用している契約プロの小田龍一。1回戦から6&4、6&5、8&7と圧勝で準決勝まで進んでいます。4名のプロの中で一番消化ホール数が少ないのです。
ちなみに時松プロ53ホール、小田孔明プロ51ホール、小平プロ51ホール、そして小田龍一プロは38ホールと圧倒的に少なく、体力消耗していません。
これはかなり有利ではないでしょうか。

この4名から誰が1億円を手にするのか⁉
今週キャディーをしていた者が“過去2回、この試合は長年コンビを組んでる人達が勝っているのですよね。”と話していました。となるとあの選手が優勝するのでしょうか。昨日までの予想が当たっていないので名前は伏せておきましょう。

今日も情報はこちらから↓
http://nestle.jp/entertain/golf_matchplay_sp/
これを読まれている今大会をコースで観戦されている方へ

グリーン付近はローピングがありません。
しかし選手を気遣ってか、ローピングがあるのと同じぐらいの距離で観られている方が多く(見えないローピングがあるように思いました)、せっかく近くで観られるチャンスを逃しているように思います❗
是非明日は5歩から10歩ほどグリーンの近くに寄ってみてはいかがでしょうか。

注意事項としては
・グリーンに乗らないこと
・近くで観るのでプレーに入ったら物音をたてない、動かない
・プレーに入る選手からカップの方向の先に居ないようにする
このあたりを守れば選手は気にならないハズです。
このチャンスを逃さないでくださいね❗

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関根 淳(せきね あつし)

関根 淳(せきね あつし)プロキャディー

投稿記事一覧

1975年5月24日生まれ。日本大学卒業。通算2勝。
空気のような存在で居たい。終わってみれば『そう言えばいたなぁ〜』と言われるぐらいの存在で居たい。
しかしクールの中にも煮えたぎる熱き思いが、スポともGC通信で爆発するかも、、、
2010年からは丸山茂樹プロ専属キャディーを務め、2015年からは山下和宏プロ専属キャディーとしてツアー参戦する。
ツアーキャディー仲間でも有名な理論家・一言居士。

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. お久しぶりです。 キャディーの佐藤です。 いよいよ国内男子ツ…
  2. 東建ホームメイトカップ、始まっております。 石川遼プロも地区オープンではあ…
  3. おはようございます、スポともGC通信サポートセンターです。 いつもご愛読頂…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る