Hole 7 ① 上達の秘訣④ リズムと音の変化を重視する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

おはようございます?

今日から「Hole7」をお届けしてまいります。
「リズムと音の変化を重視する」がテーマです(#^.^#)

それではスタート!!

英語の発音にはlとrの区別やbとvの区別など、日本語にはない音がたくさんあります。

でも、あまり細かい個々の音にこだわるより、音のリズムを意識する方が効果的です。

ある文の中で、その単語がなければ意味が伝わらない重要な語(*内容語)を強く発音し、機能語*をあえて不明瞭に発音することで、

強・弱・強・弱とリズムをとるように発音することを意識してください。

*内容語:名詞・動詞・形容詞・副詞など、文の意味・内容の大半を伝える単語。

*機能語:a, an, the, and, or, to, ofなど、主に単語と単語をつなぐ役割を持つ単語。

 

個々の単語では、強勢のある音節の母音を、強く伸ばし気味に発音するとさらに英語らしくなります。少しオーバーなくらい強調するつもりでちょうど良いと思います。

understand  ⇒  un・der・stand

expectation  ⇒   ex・pec・ta・tion

advantage  ⇒    ad・van・tage

 

以上のことを意識して、センテンスの中に含まれる単語を全て平等に発音しようとせず、強弱をつけて発音すると「通じる」英語になります。

20160730hole701

文の中で中心的な意味を持つguys, before, got, worst, weatherが強く発音され、なくても支障がないtheなどは弱く発音されます。

これによって、弱・強・弱・強の英語特有のリズムが生まれ、伝わりやすい発音になります。

20160730hole702

「選手」全般を表すyouは弱く発音され、advantageでは、強勢のある第2音節のvanが強く・長く発音されます。

このように、重要な情報でトーンを上げることを意識して練習できるよう、本編のセンテンスにはすべて強弱を表す印がついています。

いかがでしたか!?

明日は引き続きHole7を「リスニング形式」で行ってまいります。

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

ECC

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. お久しぶりです。 キャディーの佐藤です。 いよいよ国内男子ツ…
  2. 東建ホームメイトカップ、始まっております。 石川遼プロも地区オープンではあ…
  3. おはようございます、スポともGC通信サポートセンターです。 いつもご愛読頂…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る