近藤共弘プロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

関西オープン最終日、ラス前組は
藤田寛之プロ
近藤共弘プロ
川村昌弘プロ
でした?

固いグリーンに、マウンドの頂上に切られたピンポジション⛳
S・ストレンジ選手が−9で最終組にいましたが、3日目に一緒に回り思ったのが
「絶対に最終日の重圧感じスコアは伸ばせない、崩すかもしれない。」
でした。

−5スタートでしたが−8で優勝出来る!
と確信しました。
しかし、最終組前の
藤田寛之プロ
近藤共弘プロ
2人もボギー打っても、絶対に諦めず、ひょっとしたら最終ホールまで縺れる展開になるかな?
の思い強くありました。

2

風舞い、固いグリーンに出場選手全員が苦労する展開でした、、、
No.1のスタートホールピンポジションは右手前で若干の砲台グリーン⛳
近藤プロは左手前に外し、朝イチからイヤなアプローチです。

優勝争いしていると、最初の2〜3ホールはリズム良く、ポンポンと行きたいものです。
近藤プロの低く出したアプローチは絶妙のクッション魅せナイスパー
以前痛めた足の古傷再発しながらの、難コース橋本CCの最終日を文字通り
気力
のみで戦っていました。

気力の大事さ・・・
例えば、優勝争いしていてボギー打ちダボ打ち優勝争いから脱落
予選通過厳しい状況?でも最後のホールまで可能性信じて1打でも縮められる様に戦うなど、、、
それは、ゴルファー云々というより
「プロゴルファー」
としての誇り、本能から滲み出るソノ選手持つ「核」の様に思います。

近藤プロはNo.9でティーショットを左にOBして、そこからも苦労して7のトリプルボギー
3日目最終日の上がりNo.18もトリプルボギーでした。
誰しもがNo.9のトリプルボギーで万事休す・・・
と、思ったと思います。

しかし、「核」DNAに
プロゴルファーとは何ぞや?
刻まれている近藤プロはバック9で、バーディ連発して不屈のカムバック遂げて2位タイで大会終了しました。
尾崎直道プロも同じタイプですよね
涼しい顔して、自ずから自分に負荷かけてプレッシャーかけて、ソレを楽しみ毎日少しでも克服する事により、プロゴルファーである自分を高めていく、、、

男子ツアーの醍醐味此処に在り。
でした。

 

▼スポともGC通信がアプリで読めます!
アプリのダウンロードは→こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小岸 秀行(おぎし ひでゆき)

小岸 秀行(おぎし ひでゆき)プロキャディー

投稿記事一覧

1973年11月8日生まれ。立命館大学経営学部中退。
1995年福澤義光プロのキャディーをきっかけに、ツアーキャディの道へ。過去に岡本綾子プロ、星野英正プロ、細川和彦プロなど、2008年から5年間矢野東プロと専属契約。2013年からは川村昌弘プロと専属契約し「パナソニックオープン」優勝。
2018年は主に女子ツアーメインで松森彩夏プロと契約。
通算6勝。

この著者の最新の記事

マイナビABC

小鯛 竜也

中山三奈

大出 瑞月

佐野木ズム

プロキャディーに聞きました1
プロキャディーに聞きました2

2017全米シニアオープン

2017全米プロシニア

スコアカード

ピックアップ記事

  1. こんにちは。ゴルフ部三回生の西尾です。 今回の投稿では先日行われましたマイナビABCチャンピオ…
  2. 今週、男子ツアーは休み 私は東名CCでのスタンレーレディースで原江里菜プロとコンビを組まさせて…
  3. 星野陸也プロ 初優勝&完全優勝&コースレコード更新 フジサンケイクラシッ…
スコアカード 各キャディへの質問
ホームへ戻る 前の画面へ戻る